エスコヤマ『NO.07 シエラ・ネバダ 67%』

  • 2014-8-3

DSC02001

エスコヤマ『NO.07 シエラ・ネバダ 67%』

チョコレート探検家のチョコレートくんです。

今回ご紹介するのは、エスコヤマのダークチョコレートタブレット。

『NO.07 シエラ・ネバダ 67%』

コロンビア北部・標高5000m級のシエラネバダ山脈に広がる熱帯雨林で採れた、トリニタリオ種のカカオを使用したタブレットになります。

コロンビア産のシエラネバダといえば、カカオハンターの小方真弓さんのコロンビアの工房で独自に作られたCACAO HUNTERの『シエラネバダ52%、64%』を真っ先に思い浮かべます。

どうやらこちらのエスコヤマのシエラ・ネバダ67%は、小方真弓さんのコロンビアカカオを使っているそうです。

カカオハンターの小方真弓さんから一言コメントを頂きましたので引用させて頂きます。

小山シェフの2012年のサロン・ド・ショコラのアワード用に作ったもので、ガナッシュ用に、実際コンチングしながらガナッシュを作り、更にエージング後の香りを予想して、小山シャフならこう仕上げるだろう、という想定のもとに作ったものです。カカオの果実感を表現しました。

12.5%のニブ焙しょうを足して香りの核を作ったり、当時出来る技術を、全部詰めました。ですのでCACAO HUNTERとは異なるコンセプトで作っています。当時のcafe-sweets の雑誌に細かな説明が載っています。

エスコヤマ『NO.07 シエラ・ネバダ 67%』は、カカオハンター小方真弓さんのコロンビアカカオを使用しています。しかし、小方さんのブランドのCACAO HUNTERとはまた異なる、エスコヤマの為に作ったオリジナルカカオ豆のようですね。

DSC02002エスコヤマのタブレットのパッケージは、コルクでしっかりと密閉できて香りが逃げづらい構造です。

DSC02005やや、スモーキー感のあるカカオの香り。

DSC02009!?

これは、凄い感動しました。

カカオの風味がフルーティーという言葉で表すのは、ふさわしくないかと思います。

まるで、カカオの味がフルーツそのものです!

風味の力強さが、卓越しています!

甘さのあとにじわじわ広がる酸味。そして、アプリコット、プルーン、プラム、ベリーが複雑に絡み合った力強いアロマ。そして、レモンティーを思わせるような落ち着きも感じられます。これが本当にチョコレートなのか?っと言いたくなる感動を覚えます。

まさに、カカオ豆を発酵、乾燥をしっかり行なった上質なカカオ豆の味わいですね。

ちなみに、次回の記事で紹介するピウラ・ケマゾン・カカオブランコ 70%も、このタブレット並みにレベルが高いので要チェックです。エスコヤマのタブレットのダークチョコレートタブレットの中で、この2つはダントツでレベルが高いのでオススメします。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名 エスコヤマ(es koyama
公式ページ http://www.es-koyama.com
商品名 サンビラーノ 75
価格 1950円(税込)
内容量 120g
購入手段 公式オンラインで購入できます

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド

ショコラドゥシマ


関連記事

ページ上部へ戻る