Marou(マルゥ)ベトナムカカオのBeantoBarチョコレート

  • 2014-8-4
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

DSC09813

Marou(マルゥ)「ベトナム産カカオのBean to Bar(ビーン・トゥ・バー)チョコレート」

ベトナム産のカカオ豆のみを使用したチョコレートブランド 。。。

マルゥ(Marou)

元銀行員の日系フランス人のサミュエルと、サンフランシスコの大手広告代理店のクリエーターとして勤務していたフランス出身のヴィンセントが2人で立ち上げたチョコレートブランドです。

原材料のカカオ豆は全てベトナムで生産されたものを使用し、チョコレートの製造までベトナムで行なうBean to barを行なっているブランド。カカオ原産地と、チョコレートの製造を同じ国で行なうのは非常に珍しいですね。

マルゥのチョコレートには、天然発酵、自然発酵させた高品質なカカオ豆のみを厳選して使用しています。さらに原材料は、カカオ豆と砂糖だけという非常にシンプル。

『クオリティーの高い特別なものに、なんで混ぜ物なんてするんだい?』

マルゥの創業者のヴィンセントと、サミュエルはこう語ったそうです。

DSC09828チョコレートには、全てピカピカの金の包装で包まれています。

DSC09833チョコレートの溝が綺麗ですね。中心の『M』の部分だけ最後まで残したくなります。サイズは、嬉しい100gサイズ!

DSC09841マルゥのチョコレートの特徴は、日本人の好きそうなアロマ重視のチョコレートなところですね。カカオがしっかりと発酵されているのでしょうね。

分厚めなタブレット。乾いたクラック音で、まろやかさの中に、若干ねっとりとした食感が感じられます。

カカオ生産国が製造するチョコレートは、正直なところ製造技術が先進国と比較して低いことで、あまり良いチョコレートを作るイメージはありませんでした。しかし、マルゥのチョコレートはクオリティーが高い。

1つ1つお味を見ていきましょうか。

DSC09825『ドンナイ 72%』

ベトナム南に位置するホーチミン市近。そこを流れるドンナイ河上流付近で生産されるカカオ豆を使用したチョコレートが、ドンナイ72%です。

カカオ分72%。苦みは他のラインナップよりも少なめ。口に入れた瞬間のナッツと、スパイスの香り、中盤から所々で現れる柑橘系の酸味が爽やかです。土っぽいさも感じます。渋みが現れたり、まろやかな1面を感じたり口の中が楽しいです。

ベンチェ『ベンチェ 78%』

ヤシの生い茂るメコンデルタのアグリフォーレスト農園で作られたタブレット。

カカオ分78%。カカオの苦みがダイレクトに伝わりますね。先ほどのドンナイ78%よりも酸味が断然強いです。酸味の中にアプリコットの甘酸っぱい風味を感じます。

DSC02090ラムドン 74% 

マダグイとバオロックの間に広がる中央高原のはずれ、自然保護区となっているジャングルの広がる地域で作られたカカオを使用。

カカオ分74%。ナッツを思わせる風味が豊かでに、ロースト感が若干強めな印象。中盤から赤い果実や檸檬を思わせるアロマが広がります。最後もローストナッツのカカオの風味が余韻に残ります。

DSC02088 バリア  76%

バリア地方の家族経営農場で栽培されるトリニタリオ種カカオ豆から作られたタブレットになります。

こちらもロースト感が若干強め。カカオが野性的で力強いですね。カカオの苦みの中に広がるフルーティーな味わいが特徴的。

DSC02093ティエンジャン 70%

メコンデルタ内のチョガオでティエンジャン協同組合の農場主たちが、オーガニック農法で育て上げたトリニタリオ種を使用したタブレットになります。

先ほどのバリアと比較してロースト感は低めで、カカオのスパイシー感、フルーティー感が印象的ですね。後味はすっきりとしています。

定番のマルゥのチョコレートは、以上5種類になります。

限定のトレジャー・アイランド 75%は別の記事で書きます

マルゥのチョコレート、凄く良い味を出します。農園が違うだけで、ここまでチョコレートの風味がが変わるとは面白いですね。シングルオリジンのチョコレートバーも増えてきましたが、どこも大雑把に国ごとの原産地で販売しています。今後、同じ国での農園ごとの原産地別も増えてくるかもしれませんね。

そして、ベトナムカカオについても今後注目です。日本の大手チョコレートメーカーは、どこもガーナ産のカカオを使用していますね。ベトナム産カカオ豆は、高品質で地理的な面でガーナ産よりも輸送コストが安くなります。ベトナム産のカカオ豆の生産量が増加して安定供給が可能になれば、日本のチョコレートメーカーからも注目されるかもしれませんね。

マルゥの限定版のトレジャー・アイランド 75%は次回の記事で取り上げます。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

ブランド名 マルゥ(Marou)
公式ページ http://www.marou.jp
商品名 ドンナイ 72%、ベンチェ78%、ラムドン74%、バリア76%、ティエンジャン70%
価格 972円〜1188(税込)カカオ仕入れ値で変動
内容量 100g
購入手段 公式オンラインで購入できます

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る