ジャン=ポール・エヴァン『タブレット ジャワ75%』

  • 2014-8-30
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

DSC05516チョコレート探検家のチョコレートくんです。

ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートのご紹介です。エヴァンのご説明は不要ですね。エヴァンといえば、ボンボンショコラがオススメですが、タブレットをまとめて購入しましたので、ちょくちょく記事にアップしてきます。今回ご紹介するのは。。。

『タブレット ジャワ75%』

カカオ分75%のジャワ産カカオ豆を使用した板チョコレートです。なかなか個性的な味わいですよ。エヴァンのタブレットは、Bean to Barで作っているわけではありませんが、ヴァローナ社やプラリューなどのブランドの上質なクーベルチュールを使用していて良い味を出しています。

DSC055061枚35gサイズです。僕が勝手に頭の中でイメージしている板チョコの形は、まさにこちらのマス目のあるやつですね。さてジャワ島産のカカオのチョコレートの味は。。。

DSC05512ジャワ島産のカカオを使用したイタリア ドモーリの『ジャヴァブレンド』と同じく、薫製させたようなスモーキーな味わいです。こちらの『タブレットジャワ』は、スモーキーな味わいに、さらにチーズのような風味が混ざっているところが、ドモーリとは異なるところでしょうか。この薫製チーズのような風味のまろやかな味わいが印象的でカカオ分75%とは思えないほどの苦みの少なさに思えます。クラック音は乾いた音で、スムーズな口どけで、風味の広がり方も早いですね。若干、融点が低いのかな。

ジャワ島カカオ豆を使用した板チョコレートが、どこもスモーキーなアロマを出している理由は、発酵させたカカオ豆を乾燥させる過程でジャワ島では、薪を燃やして熱風で人口乾燥させているそうです。炭の熱風で乾燥させているので、あの独特なスモーキー感が出るようですね。僕のチョコ仲間の桜木さんのブログ『チョコライフ』で説明してくれています。

カカオは、奥が深くて面白いですね!ショコラティエの技を感じられるボンボンショコラも好きですが、カカオの特徴的な風味を楽しめる原産国タブレットも面白いですね。何が言いたいかというと。。。

チョコレート最高おおおおおおおおお!

ではみなさん良きチョコレートライフを!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名 ジャン=ポール・エヴァン
公式ページ http://www.jph-japon.co.jp
商品名 タブレットジャワ75
価格 691円(税込)
内容量 35g
購入手段 ジャン=ポール・エヴァン各店

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る