ボナイユート「チョコレートカカオ70%」

  • 2014-12-14
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

DSC01622

アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート「チョコレートカカオ70%」

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

イタリア・シチリア島の南東部にモディカという街があります。バロック建設の街一帯が世界遺産に登録されているほどの美しい街並。

モディカの街は“モディカチョコレート”という特別な製法で作られたチョコレートが有名です。今回はモディカチョコレートの代表的なブランドの1つ「アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート」の中でもスタンダードとなる1枚をご紹介します。

「ボナイユート チョコレート カカオ70%」

さっそく開けてみましょう!

DSC01625パッケージはシンプルでかつスタイリッシュです。チョコレートと包む包装までカッコイイ!

僕、ブラックな格好良さに弱い(笑)

DSC01629ボナイユートではこのブルームも許容範囲らしい。ってゆうか製法上仕方がないそうです。

チョコレートを固めるときに45℃以下の低温で温めてカカオマスと砂糖を混ぜ合わせる為に、砂糖が溶けきらず食感からも砂糖の粒子が感じられる面白いタブレット。

チョコレート全体的な食感はクッキーのようにザクザクしているのが特徴!原材料には、舌触りをなめらかにするカカオバターやレチレンを一切加えておらず、おまけにテンパリングやコンチング(チョコレートを練り上げてなめらかにする工程)も一切行なっていない為、この特徴的な食感のチョコレートが出来上がるのです。

この製法は、シチリアがスペインに支配されていたときにマヤ・アステカ文明のチョコレートの製法が伝わり始まったそうです。異なる点は砂糖を加える事くらいでしょうか。モディカチョコレートは、別名「古代チョコレート」とも呼ばれています。

DSC01635素朴な味ですね。コクと甘さがしっかりしています。ロースト感があると思いきや、す〜っと消えてすっきりした甘さでまとまる。

タブレットといえば、口の中でゆっくりと溶かして風味を楽しむものだと思っていますが、こちらはザクザクした個性ある食感を楽しむものですね。

チョコレートの多様性を感じさせられた1枚!

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名 アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート
公式ページ なし
商品名 ボナイユート チョコレート カカオ70%
価格 864円(税込)
内容量 50g
購入場所 森のクリスマスマーケット(表参道ヒルズ)

 

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 


                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る