ベルナシオン「タブレット・ペピートス・フォンダン・ノワール」

  • 2015-1-31

ベルナシオンのチョコレート

ベルナシオン「タブレット・ペピートス・フォンダン・ノワール」

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回ご紹介するのはフランス・リヨンの老舗ショコラトリー「ベルナシオン」のタブレットチョコレート。

「タブレット・ペピートス・フォンダン・ノワール」

こちらのペピートスは、25年くらい前から販売開始されたベルナシオンのロングセラー商品。

ベルナシオンは創業当時からカカオ豆を独自のルートで仕入れて、自家製クーベルチュールでチョコレートを製造しています。自家製クーベルチュールを作るブランドは少なく、フランスで有名どころはプラリュ、ヴァローナ、ボナなど。ましてベルナシオンはリヨンに1店舗しかない規模なので自家製クーベルチュールを作ってしまうとは。。。。という感じです。

ベルナシオンのチョコレートカカオ分55%のダークチョコレートの上に散りばめられてあるのは”カカオニブ”です。この綺麗に並べられたニブを見ただけでも仕事の丁寧さが伝わってくる。

ベルナシオンのチョコレートカカオニブとはローストしたカカオ豆の殻を剥いだもののことです。カカオニブ単体で口に含むと苦みの強さにきっと驚くことでしょう。

チョコレートの原料カカオニブを粒子状に細かくし、カカオバターや砂糖を混ぜると僕たちが普段口にする甘いチョコレートになるのだから、まぁ不思議です。

ベルナシオンのチョコレートベルナシオンのチョコレートは10種類のカカオ豆をブレンドしたカカオ分55%の自家製クーベルチュール。カカオニブはベネズエラ産のもの。タブレットには厚みがあり手で割るのは大変なので包丁を使用しました。

ダークチョコレートにしてはカカオ分は低めですが、口に含むとベルナシオン独特な上品さがあり惹き込まれる。さらに細かく砕かれた軽さのあるカカオニブの酸味や発酵香が口どけの中で一緒に溶け込み素晴らしいマリアージュが形成される。

来年もリピートしたくなるタブレットでした。ベルナシオンのチョコレートを食べれば、リヨンにしか店舗がないのに長年日本のチョコレート愛好家からも愛され続ける意味が分かります。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名 ベルナシオン(ベルナション)
公式ページ http://www.bernachon.com/fr/
商品名 ペピートス(Pepitos)
価格 3024円(税込)
内容量 150g
購入手段 サロンデュショコラ2015

 

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 


                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド

ショコラドゥシマ


関連記事

ページ上部へ戻る