ボナ(BONNT)「タブレット 130年記念」

  • 2015-2-12

ボナのチョコレート

ボナ(BONNT)「タブレット 130年記念」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

フランスのチョコレートブランド「ボナ」は1904年に世界で初めてシングルオリジン(単一カカオ原産国のカカオのみを使用)のチョコレートバーの販売に成功したことでも知られています。さらにチョコレートの製造においてカカオ豆の仕入れの段階で全て自社で行い、焙煎もボナのアトリエで手がける。

シングルオリジンビーンのパイオニアですね。シングルオリジンビーンのチョコレートのラインナップは僕の知る限り一番多いチョコレート屋かと。

今回ご紹介するのはボナの新作のうちの1枚!

「SURFIN/サーフィン」

1884年創業の「ボナ」が去年で130周年を迎えたということで記念して作られた新作のチョコレート。パッケージもいつもと雰囲気が異なりますね〜どうやら創業当時と同じパッケージだそうです。

ボナのチョコレートさて、130年記念ということでタブレットのカカオがどんな内容なのかというと、創業当時に使用していた5カ国の原産国のカカオ豆をブレンドしています。コートジボワール、ブラジル、ペルー、メキシコ、ベネズエラの5カ国です。

あともう1点!通常のラインナップと異なるところはカカオ分が65%なところでしょうか。ボナのハイカカオチョコレートのラインナップがほぼ全て75%ですが、今回は創業当時の65%なのですよ。

ボナのチョコレート苦みが少なくマイルドでクリームのようなまろやかさ。そして、甘みの中にフルーツ感がほんのりと。

カカオの風味がアロマスティックというわけではありませんが、とても上品な味わいでラストのスッキリ感が印象的。

SURFINには変化や個性を求めるのではなくボナのチョコレートが好きで、歴史を感じる為のチョコレートだと思いました。あっ変化や個性といえば新作の青いパッケージの「Los Colorados」がボナの中で面白い香りだと思いました。しかも食べやすい。

ボナのチョコレートそーいえば、ボナの新作を3種購入された方!パッケージの裏側の記載に変化があったこと気づきましたか?

なんとカロリーや栄養素の表記があります。100gで593キロカロリーか。。。ダイエット中の僕にとってはなんだか現実を見せつけられたようで、はぁぁぁ〜と思います。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 ボナ(BONNAT)
公式ページ http://bonnat1884.jp
商品名 SURFIN/サーフィン
価格 1944円(税込)
内容量 1個
購入手段 アンドマーケット

 


                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド

ショコラドゥシマ


関連記事

ページ上部へ戻る