アラン・デュカス「エクアドル 75%と85%」

  • 2015-3-14
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

アランデュカスのチョコレート

アラン・デュカス「エクアドル 75%と85%」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回はアラン・デュカスのショコラトリー「ル・ショコラ・アラン デュカス・マニュファクチュール・ア・パリ」のタブレットをご紹介します。アラン・デュカスは世界中のカカオ原産国の農園から良質な豆を選び向き、お店の工房でチョコレートを製造します。日本では購入できませんが、チョコレート愛好家がフランスへ旅行に行った際は必ず立ち寄るくらい人気のショコラトリー。

ブランド名の“マニュファクチュール”とは“工場”という意味。

「EQUATEUR 75%/エクアドル 75%」

「EQUATEUR 85%/エクアドル 85%」

2枚同時のご紹介です。

アランデュカスのチョコレート両方ともエクアドル産のアリバカカオ(ナシオナル種)を使用しているのが共通点

そして相違点は2点あります。カカオ分の違いと、85%の方がFELICIDAD農園で収穫されたものであり農園指定

アリバカカオも細かく分けると複数の品種はあるようですし、また農園の仕事のやり方でも風味の個性が変わってくるでしょうね。

アランデュカスのチョコレート

色の違いはアリバ75%の方が若干明るい。豆の性質の違いというよりも、カカオ分の違いが大きいのでしょう。

エクアドル75%(アリバカカオ)

アランデュカスのチョコレートとてもアロマスティックです。

アリバ特有の花の香りとともに、序盤では苦みを感じますが、すぐに爽やかな酸味が現れる。そこからオレンジを思わせる香りによってフレッシュなアロマに包まれたり、まろやかな面も見れたりと楽しませてくれます。

そして、デュカスのラインナップとしては珍しくロースト感が全くないのも特徴でしょうか。よって爽やかな面がより強調されます。

エクアドル85% FELICIDAD農園(アリバカカオ)

アランデュカスのチョコレートエクアドル85%の方も食べてみます。こちらはFELICIDAD農園で収穫されたアリバカカオを使用。

ハードボイルドな印象です!

こちらの方が圧倒的に苦みを強く感じますが、花のアロマが力強く開く。

スモーキーな印象、引き締まった酸味!そしてグレープフルーツを思わせる香りが苦みを包み込む。余韻にも力強いカカオ感が長く残ります。

以前に食べた「マダガスカル 75%トリニタリオ」「マダガスカル 75%クリオロ」の食べ比べでは農園指定のクリオロのレベルが高すぎて圧倒的な品質の差が感じられました(でもトリニタリオも素晴らしいよ)。こちらの2種のチョコレート場合は品質には特に差はなく個性の違いかと。デュカスなのでもちろん両方とも素晴らしい品質のチョコレートです。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 ル・ショコラ・アランデュカス・マニュファクチュール・ア・パリ
公式ページ http://www.lechocolat-alainducasse.com
商品名 EQUATEUR 75%EQUATEUR 85%
価格 7€10€
内容量 75g
原産国 フランス

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る