ポッド・チョコレート「バリ 80% エクストラダークチョコレート」

  • 2015-9-1
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

podchocolate

pod chocolate/ポッド・チョコレート

こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

バリ島で収穫したカカオ豆を使用し、現地で製造されたチョコレートだと言われるとカカオ好きとして無視できませんね。年間通して気温が高く、チョコレート作りに適さない気候であるカカオ生産国に、Bean to Barチョコレートを作る流れが少しづつ生まれてきてます。その中でも、カカオ農園とチョコレート工場が隣接しているブランドは流石に珍しい。

バリ島のチョコレートブランド「pod chocolate/ポッド・チョコレート」はデンパサール国際空港(バリ島)の免税店で購入できることで有名であり、至るところに売り場があります。スタイリッシュなチョコレート売り場が視界に入った瞬間、思わず進む足を止めてしまいます。

主力商品は5種類のタブレットシリーズで、100gのタブレット(6ドル)と、45gサイズのスティック状(3ドル)のものが販売されています。また、洋菓子店向けに1kgサイズのクーベルチュールも販売しています。価格はリーズナブル。

Bail 80% extra-dark chocolate

podchocolate色々と購入した中で、まずは一番シンプルでカカオ分が高い1枚からご紹介します。ブラックのパッケージがカカオ分80%の苦みを主張しているかのようです。

podchocolatepod(カカオポッド)という分かりやすいブランド名なだけあり、モールドには可愛くカカオポッドが刻まれています。

podchocolateタブレットの溝を割ると縦3.5cm、横4cmの大きめのキャレ。

podchocolate苦みが強くストレートに伝わる。大衆向けのマスマーケットチョコレートでよく見られるタイプの味わい。一般的なダークチョコレートといえばコレっというイメージ。

焙煎が強くバニラの含有量は多め。苦みと共に後からジワ〜と渋みや酸味が現れます。

podchocolateチョコレートを突き詰めようとすると、そのカカオやチョコレートがどのように作られているのかを知りたくなります。気になり出したらキリがありませんが(笑)

ポッドチョコレートでは、バリ島現地のカカオ農園&チョコレート工場見学や、チョコレート作り体験もできるようなので、バリ島へ旅行される際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

では皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 ポッド・チョコレート(podchocolate)
公式ページ http://podchocolate.com/ja/
商品名 Bail 80%
価格 6ドル
内容量 100g
購入手段 デンパサール国際空港

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る