アケッソンズ「マダガスカル ベジョーホファーム ローステッドカカオニブ」

  • 2016-6-3
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

アケッソンズカカオニブこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

アケッソンズの「マダガスカル ベジョーホファーム ローステッドカカオニブ」

今回の記事はチョコレートではないので、甘いもの好きには退屈な内容かもしれません。筒の中には「カカオニブ」が入ってます。カカオニブとは、チョコレートの原材料であるカカオ豆を焙抄し、殻を剥いだもの。砂糖なしで直接カカオを食べるわけなので当然苦いですが、上質カカオ豆を高度な焙煎技術を用いて焼いたカカオニブに関しては、苦みの中から力強いフレーバーを楽しめます。

アケッソンズカカオニブましてや、チョコレートマニアの舌を唸らせるアケッソンズのカカオニブとなれば無視できない存在です。アケッソンズは、マダガスカル、バリ島、ブラジルの3大陸に自社の農園を保有しています。こちらのカカオニブはマダガスカル産のもの(クリオロ種の生産量はごく僅かなので、恐らく品種はトリニタリオ種)。

アケッソンズカカオニブ

細かく砕かれていることから、直接食べる需要よりもお菓子作りや料理に使用される方をターゲットにした商品なのかもしれません。

アケッソンズカカオニブ口に含むと、まずバナナの甘い香りふわっと広がります。発酵段階でバナナの葉っぱや、青いバナナの皮を使用しているのかもと想像すると楽しい。苦みはかなり抑えられていて赤いフルーツのような酸味と重なります。カリカリした食感が愉快で噛めば噛む程、奥深いカカオの味わいがクセになります。

カカオニブはバニラアイスと一緒にいただくのも、程よいアクセントになってオススメです。皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 アケッソンズ
公式ページ  http://www.akessons-organic.com
商品名  マダガスカル ベジョーホファーム ローステッドカカオニブ
内容量 200g
購入先  サロンデュショコラ2016

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る