プラリュ「ガーナ 75%」

  • 2016-6-6
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

プラリュこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

プラリュは、1948年オーギュストプラリュ氏によって創業されました。その後、父の元でお菓子作りを学んだ息子のフランソワプラリュが、ベルナシオンやエコール・ルノートルなどの名門で修行を経て、父よりメゾンプラリュを受け継ぎカカオ豆からチョコレートを作るクーベルチュールメーカーに発展しました。プラリュの代表作といえば、2003年に登場したカラフルなパッケージが印象的な「ピラミッド」でしょうか。10種類の異なる産地別のタブレットの食べ比べができるプラリュの世界観がたっぷりと詰まった商品です。

Ghana 75%/ガーナ 75%

プラリュガーナ産カカオは、コートジボワールに次ぐ世界第2位の生産量を誇ります。品質を求める高級チョコレートブランドにおいては、香りよりも苦みが主体のアフリカ大陸のカカオより、中南米のカカオが使用される傾向が強いです。ただ、プラリュのような産地別で豊富なラインナップを展開するブランドにおいては、ガーナのカカオで作られたチョコレートを販売するブランドもあります。

日本の大手菓子メーカーで圧倒的に使われ、我々に馴染み深いガーナ産カカオがプラリュの製法によってどのような風味を出すのか、、、

プラリュ相変わらずプラリュらしい深いロースト。
黒糖のような甘さに、苦みがストレートに伝わります。スパイシーな味わいもジワジワ。酸味がないので、食べやすさも重視されておりハイカカオが好きな方の大半から美味しいという声を聞けそうです。

プラリュのチョコレートは、産地別の個性がはっきりと分かりやすいです。色々と食べ比べてみて自分好みの味を見つけてみてはいかがでしょうか。皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 プラリュ
公式ページ http://www.chocolats-pralus.com/jp
商品名  ガーナ75%
内容量 100g

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る