グリーン・ビーン・トゥ・バー「BRAZIL 65% FAZENDA SEMPRE」

  • 2016-6-16
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

グリーンビーントゥバーこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

2015年11月にOPENした中目黒のBean to Bar専門店
「green bean to bar chocolate」

チョコレート鑑定家クロエ・ドゥートレ・ルーセルさんと、カカオ・デ・オリヘンの代表を勤めるマリアさんの監修によって誕生したブランドです。専門学校のビジョナリーアーツさんが経営するお店ということで、お客さんへ”学び”も提供しています。ワークショップができる専用のスペースでテイスティング等のイベントを定期的に開催。

お店へ入るといつもワクワクした気持ちになります。チョコレートを製造中のラボの様子がガラス張りから見て楽しめます。チョコレートの製法といえば、物凄く機密性が高い情報だと思うのです。それを包み隠さず見せるあたりがクラフトマン系のBean to Bar専門店はつくづくOPENすぎると感じます。

「BRAZIL 65% FAZENDA SEMPRE」

さて、今回ご紹介するのはアケッソン家がブラジルに保有するFazenda Sempre農園のカカオを使用したタブレット。カカオ分は65%。品種はフォラステロ種です。

グリーンビーントゥバーカカオ豆とオーガニックシュガーのみで作られるBean to Barのチョコレート。理想的なシンプルな原材料構成。

グリーンビーントゥバー程よい苦みに黒糖や蜂蜜のような甘み。そして、熟したグロゼイユのような酸味がラストまで続く。
アロマは土壌やタバコのような香りがベース。中盤以降に渋みも現れたり様々な表情を見せるチョコレートです。

しっとりとした舌触りでカカオバターの添加がないのに絹のようななめらかに溶けてゆきます。5日間もコンチングを行ったことによるこの素晴らしい口どけ。

green bean to bar chocolateではタブレットを全種類試食が可能です。さらに、豊富な知識を持ったスタッフさんもいますので、タブレット選びに困りません。皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 green bean to bar chocolate(グリーンビーントゥバーチョコレート)
公式ページ http://greenchocolate.jp
商品名  BRAZIL 65% FAZENDA SEMPRE
内容量 55g
購入先  店頭

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る