ボナイユート「チョコレート・きび砂糖」

  • 2016-8-20
只今、チョコレートくんのチョコレートブランド「ショコラ ドゥ シマ」が、カラーミーショップ大賞2017にエントリー中!! そこで、皆様のお力が必要です!清き1票を宜しくお願いいたします。 ↓↓↓↓↓ 1日に1回まで、毎日投票できます!!4月5日まで応援宜しくお願いします。

ボナイユートこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

イタリア・シチリア州モディカの街に伝わる「モディカチョコレート」。カカオマス・粉砂糖・スパイスを45℃以下の低温でテンパリングすら取らずに混ぜて固めるだけという伝統的な製法。シャリシャリした食感と素朴な味わいが愉しめるチョコレート。レシピは、アステカ帝国からカカオが渡ったスペインからもたらされたものです。

今回はモディカチョコレートの代表的なブランドの1つ
「アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート」から
ミニタブレットアソートをご紹介します。

チョコレート・きび砂糖

ボナイユート中央にカカオを挽いたメタテ・マノをプリントしたPOPで可愛いパッケージです。硬派だと思っていたボナイユートがこのような遊び心あるパッケージで攻めたのは意外でした。

15枚入り。1枚1枚小包装なので品質の劣化を考えず食べたい気分のときに少しづつ最高の状態でテイスティングができます。

ボナイユート

ボナイユートの通常タブレットでは白砂糖が使用されますが、こちらの商品ではきび砂糖を使用。

ボナイユートチョコレートを半分に割ってみると断面から粒子の粗さを確認できます。

ボナイユート不思議な味の広がり方です。序盤は含有量65%にしてはパワーがあるカカオの苦み。その後に粗く残されたきび砂糖と口の中の水分が混じり合うと一気に甘みに変化します。

前半のアロマは、ヘーゼルナッツやカシューナッツのペーストが前面に押し出された香り。

カカオの粒子がザクザクなのに、溶け出すとスーッとなめらかな食感に変化。粒子が全く後残りしません。ノンコンチングタイプのカテゴリーの中でも製法に着目した評価が非常に高いです。

中盤から甘栗のようなほっくりしたアロマ。そして、アフターにしつこさが残らないバランスに、クリアな余韻の中でフルーティーな酸味が現れるのも秀逸です。皆さん良きチョコレートライフを〜



ブランド名 Antica Dolceria Bonajuto/アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート
公式ページ  http://www.bonajuto.it/giapponese/
商品名 チョコレート・きび砂糖
価格  2160円(税込)
内容量 15枚

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド



関連記事

ページ上部へ戻る