ラ ショコラトリ ナナイロ「Winter collection 2016」

  • 2016-12-3

ラショコラトリナナイロこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

同じ産地、同品種の豆を使用し、様々なフレーバーのチョコレートを製作する
出雲のクラフトチョコレート専門店
「La chocolaterie NANAIRO/ラ ショコラトリ ナナイロ」

Winter collection 2016で新登場したBATCH NO.10、11、12、13のチョコレートは全て2015年収穫年のペルー・ラマス産のカカオを使用!!

そして、今回のテーマは「移り変わり」。
人生の四季の移り変わりをテーマとしているとのこと。

ラショコラトリナナイロ4種類のチョコレートのカカオ分を変えることで移り変わりを表現しています。

同じ産地、同品種のカカオ豆でチョコレートを製作しても、季節や気候などの条件により完成したチョコレートのフレーバーが変わります。そこで、ナナイロはバッチごとにフレーバーノートを作っています。1種類のカカオをとことん追究するのがナナイロのスタンス。今回の4枚は、ペルー・ラマスのカカオの集大成!!

BATCH NO.10

ラショコラトリナナイロ製作日2016年7月。カカオ分70%。

食前は、まろやかなや優しい透き通った香り

口に含むと葉っぱのようなグリーンな香りが一瞬現れたと思ったら、そこから凝縮感たっぷりのフルーツのアロマ。スターフルーツや白い干し葡萄、優しいフルーツです。追油をしていないのに、驚くほどしっとりでなめらかな口どけ。味に深みがありクリームチーズとキャラメルのようなコク。グレープフルーツのような苦み。ナナイロのチョコレート全てに共通する切れ上がるアフターに笑みが溢れます。

BATCH NO.11

ラショコラトリナナイロ製作日2016年8月。カカオ分65%。カカオ分70%以外のダークチョコレートを作られたのは初めて!

こちらは、前面にアカシアのハチミツに通じる華やかな甘みが現れます。イチゴジャムのような煮込んだ果実の香りや、ドライフルーツのような凝縮感。仄かに感じる渋み。カシュナッツを思わせる香り。舌の両サイドには広がらず、スーッと舌の先端から奥まで一直線に味覚が流れていきます。

BATCH No.12

ラショコラトリナナイロ

2016年9月製作。カカオ分78.8%。小数点までパーセンテージを表記しているこだわりが凄い!!

カカオの重厚感と、マカダミアナッツの香りのコラボレーション。これは、上質なカカオとナッツを同時に食べたかのようなインパクトです。グレープフルーツを皮ごと齧ったかのような酸味が現れ、甘く焦がしたキャラメルの香り。序盤に現れた酸味が中盤以降は甘みに変化。アーモンドの皮のような渋み。力強いカカオの中で上品さも兼ね備えたチョコレートです。

BATCH No.13

ラショコラトリナナイロ2016年10月製作。ペルー・ラマスのカカオの最後の作品は、なんとカカオ分が非公開なのです。あえてカカオ分を決めずに、最適な味で砂糖&純黒糖を配合。

口に含んだ瞬間のインパクトが、日本流のお菓子に例えるなら八つ橋の風味。そして、シナモン系のスパイシーさ。熟成させたブランデーの香り。果実感が全体を構成するタイプである他の3種類とは全く違う個性的なアロマを見せます。

ペルー・ラマス産のカカオで作られた4種類のチョコレートには、その各々が違った個性や、美味しさが備わっています。カカオが持つポテンシャルを引き出すとはこのようなチョコレートのことを言うのだと実感させられました。次回のコレクションからは、タンザニア産のカカオで製作されるとのことです。そちらも楽しみです。

皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 La chocolaterie NANAIRO/ラ ショコラトリ ナナイロ
公式ページ  http://www.chocolate-nanairo.com
商品名 Batch no.10、11、12、13
価格 25g 594円〜702円 /75g 1620円〜1944円(税込)
内容量 25g、75g
購入先  オンラインショップ

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド

ショコラドゥシマ


関連記事

ページ上部へ戻る