エスコヤマ『DNA京都2013』







DSC07508チョコレート探検家のチョコレートくんです。

今回ご紹介するのはエスコヤマのボンボンショコラ『DNA京都2013』になります。

京都生まれ、本物の「和」の文化で育ってきた小山氏が作り出す、和の素材とショコラの組み合わせのアソートです。

DSC07524ショコラのケースは、スタイリッシュなピアノブラックです。

DSC07537ショコラ全てが、小山氏の得意な和の素材を使ったものです。和の素材とショコラの組み合わせは非常に難しくて、他のショコラティエでもなかなかやりたがらないんですよね。特に醤油や、味噌のショコラは、独創的です。

こちらのDNA京都2013は、8個入りと16個入りが販売されています。今回は、8個入りのご紹介です。

DSC07568黒大豆醤油

醤油は思ったよりも自己主張の激しいものではなくて、食べやすいです。塩ミルクチョコレートのような味わいでした。ミルクチョコレートにうまく醤油は調和されています。

DSC07582

京番茶

ミルクチョコレートの甘さに燻製させたようなスモーキー感が感じられます。

DSC07589一休

サロンデュショコラ2011年に入っていたアソートと同じものですね。大徳寺納豆を使用したキャラメル・プール・サレの日本版。大徳寺納豆の風味と食感に、塩味とキャラメル風味の効いたミルクガナッシュ。余韻には納豆と醤油を組み合わせたようなコクのある味が残ります。納豆の臭いが独特なので、こちらは賛否両論ありそうですね。

DSC07596黒七味

ハチミツのような甘さのとろけるガナッシュを味わった後に、じわじわと黒七味のスパイシーな刺激と香りが口の中に広がります。

DSC07599抹茶

抹茶の香りは力強いですが、抹茶独特の苦みがなくで食べやすいです。とてもクリーミーが舌触りでした。

DSC07605

米こうじ味噌

舌が外側のコーティングに触れただけで、味噌のしょっぱさを感じます。フレーバーまでたどり着くと、ショコラと調和したコクのある味噌の味が広がります。

DSC07609金胡麻のプラリネ

キャラメリゼされた甘い胡麻の風味。胡麻の独特な香ばしさが、口に入れた瞬間から余韻までずっと残り続けます。胡麻の風味は、ナッツ系もものよりも力強いですね。サロンデュショコラ2012年に販売したアソートにも同じものが入っています。

DSC07613柚子

柚子の清涼感溢れる風味がとてもフレッシュで、まるで柚子そのものを食べているのかという感覚になりました。

DSC07556全体的に、甘さの中に塩味や、スパイスを加えたものが多いですね。ショコラが、まるで和菓子なんじゃないかと思わせるほどのクオリティー。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名 エスコヤマ(es koyama
公式ページ http://www.es-koyama.com/index.html
商品名 DNA京都2013
価格 ¥2500(税込)
内容量 8個入
購入手段 公式オンラインで購入できます






カカオ豆から始めるチョコレート作りのイベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA