リンツ『メートルショコラティエ キャラメル・ソルト』







DSC06953

Lindt(リンツ)『メートルショコラティエ キャラメル・ソルト』

チョコレート探検家のチョコレートくんです。

世界100カ国以上から愛され続けられているスイスのチョコレートブランド『リンツ』からタブレットのご紹介です。

『キャラメル・ソルト』

焦がし塩キャラメルの板チョコレートです。

覗き窓までついたこだわったパッケージ。キャラメルの絵が甘くて美味しいそうですね。

DSC06955キャラメルと、フランスの塩フルール・ド・セルを使用したチョコレート。素材の使い方も個性的で面白いですよ。

DSC06977どう面白いのかというと、焦がしキャラメルとフルール・ド・セルのフレーバーを練り込ませるのではなく、結晶化させたものをチョコレートに練り込ませてあります。

DSC06978初めは、アーモンドなのかな?っと思ったら実はキャラメルの結晶だったとは。

こちらは、タブレットの裏面になります。表も見ていきましょうか。

DSC06963エクセレンスシリーズでは、チョコレートを割る為の溝があったのですが、こちらのシリーズではないのですね。波の模様がとても綺麗です。

DSC06973表面の波が打っていない部分には『Lindt』のロゴがたくさん書かれていますね。『リンツ』と100回唱えてから食べろということでしょうか。

DSC06996リンツチョコレートのなめらかな口どけ、さらに、この焦がしキャラメルの結晶のジャリジャリした食感に、水分と混じって歯にちょっとくっつく感じがたまらない!

キャラメルを直接練り込ませるのではなく、チョコレートとキャラメルを分離させたところにこだわりを感じますね。分離させたことにより、リンツチョコレートの美味しいさを直接感じると共に、焦がしキャラメルのほろ苦い感じと、結晶の食感も味わえます。

フルール・ド・セルの微かな塩味がキャラメルの味を引き立てています。キャラメルは、甘すぎずチョコレートともバランスも取れています。

リンツのチョコレートらしい素晴らしい完成度!

実は、こちらのキャラメル・ソルトと同じシリーズの『オレンジ・ピスタチオ』が美味しかったんで買ってみたんですよ。オレンジ・ピスタチオの方も近いうちにご紹介しますね。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名 リンツ(Lindt
公式ページ http://www.lindt.jp
商品名 メートルショコラティエ キャラメル・ソルト
価格 648円(税込)
内容量 97g
購入手段 公式オンラインで購入できます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA