ショコラティエ パレドオール「コフレ オートンヌ」

DSC01349

ショコラティエ パレドオール「コフレ オートンヌ」

チョコレート探検家のチョコレートくんです。

ショコラティエ パレドオールから秋季限定のアソートのご紹介です。

「コフレ オートンヌ」

オートンヌとは、フランス語で「秋」という意味になります。こちらは、2014年9月26日から販売開始されたパレドオールの新商品です。

3種類の秋限定ショコラ

DSC01353金ピカの箱から飛び出してきたのは、3種類のショコラ。

DSC01370クルミも、リンゴも、栗も全て秋の味覚ですね。なんとも可愛らしいデザインのショコラ達なのでしょうか。

新栗ショコラ

DSC01380新栗ショコラ

パレドオールのロゴ付きの上品な円盤ショコラ。熊本産の新栗を使用したミルクチョコレートとホワイトチョコレートの2層構造!

栗を使用したショコラは、ありそうで実はあまり見かけないんですよね。今年は有名どころだとカカオサンパカの「カスターニャス」くらいでしょうか。

繊細なミルクチョコレートのコーティング。マロンの味がクリーミーでしっかりとミルクチョコレートに溶け込んでいます。

リンゴ

DSC01383リンゴ

デザインもリンゴのショコラ。リンゴのコンポートとマダガスカル産のカカオを組み合わせたガナッシュ。

コーティングは若干厚みがあり歯ごたえがあります。ガナッシュは、水分を含んでいるのでとてもなめらかに溶けていき、リンゴと洋酒が混ざり合った甘いカカオの香りが広がります。

信州クルミ

DSC01393信州クルミ

信州クルミを100%使用したショコラ。中は、クルミのペーストを詰めたミルクチョコレートのガナッシュ。

クルミは外は柔らかいけど、中まで噛むとゴリゴリすろ独特な食感。風味は、アーモンドやヘーゼルナッツと比べると自己主張が激しくなく、ミルクチョコレートとバランス良く調和されています。

まとめ 

日本の秋の味覚とショコラを組み合わせた作品。海外のショコラティエは、日本人の為にいちいち日本の旬のフレーバーのショコラ作ってくれませんからね。日本を代表するショコラティエの三枝シェフだからこそ作れる技が込められてます。

新栗のショコラが気に入って、単品で買いまくりました。売り切れていたらきっと僕のせいです(笑)

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名ショコラティエ パレ・ド・オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)
公式ページhttp://www.palet-dor.com
商品名コフレ オートンヌ
価格2160円(税込)
内容量6個
購入手段公式オンラインで購入できます




ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。