「ショコルテ」セミスイートチョコとクランベリーチョコ

DSC04056

東ハト「ショコルテ セミスイートチョコ」「ショコルテ クランベリーチョコ」2014年10月13日発売

チョコレート探検家のチョコレートくんです。

今回は、チョコレートとアーモンドを、クッキー生地でサンドして香ばしく焼きあげたチョコサンドクッキー!東ハトの「ショコルテ」から新発売の味を2種類ご紹介します。

「ショコルテ セミスイートチョコ」

「ショコルテ クランベリーチョコ」

まずは、それぞれのフレーバーの特徴をご説明します。

ショコルテ セミスイートチョコの特徴

DSC04067ショコルテ セミスイートチョコは、セミスイートチョコとローストアーモンドをクッキー生地でサンドし、サクッと香ばしく焼きあげています。

ショコルテ クランベリーチョコ

DSC04059それに対して、ショコルテ・クランベリーチョコは、クランベリーチョコ&クランベリー果実、クランチアーモンドをカカオクッキー生地でサンドし、サクッと香ばしく焼きあげました。

それぞれ並べてみたが、しかし!

DSC04125ショコルテ2種類をそれぞれ並べてみましたが、見た目はほぼ変わらないです。クランベリーチョコの方は、クッキー部分にココアパウダーを練り込んであるので若干色が暗めで、チョコ部分もなんとなく赤いかな?っという感じでしょうか。ん〜見た目はほぼ変わらないです。

ショコルテ セミスイートチョコを食べてみた

DSC04114香ばしくてこんがりサクサクしたクッキー生地、噛んでいくとムチっとしたチョコの食感に打ち当たる。そこで、チョコとクッキーの同士が優しく調和していきます。アーモンドの風味の主張はさりげなく、なんとなく香るな〜って程度です。

ショコルテ クランベリーチョコも食べてみた

DSC04110こちらも先ほどと同様に、香ばしくてこんがりサクサクした生地。ただ生地の中にココアパウダーが含まれているので、微かにチョコの風味が感じられます。クランベリーチョコの甘さと生地のバランスが素晴らしい。クランベリーの酸味は穏やかで、甘さのみを残した印象です。

ショコルテ2種類両方に言えた事ですが、食塩がちょっぴり含まれているので、味が引き立ってメリハリはありますね。香ばしく美味しいチョコクッキーでした。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!


商品名ショコルテ セミスイートチョコショコルテ クランベリーチョコ
メーカー東ハト(Tohato)
価格131円(税込)
内容量セミスイートチョコ 38gクランベリーチョコ 35g
エネルギーセミスイートチョコ 183calクランベリーチョコ 166cal
購入先ファミリーマート
購入手段コンビニへGO!

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです。リアルな友達少ないのでマジでフォローして)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA