牟尼庵「Le dé(ル・デ)」(松屋銀座店限定チョコ)

DSC05006

牟尼庵-ムニアン-「Le dé(ル・デ)」

チョコレート探検家のチョコレートくんです。

京都 北白川が本店のチョコレート屋「牟尼庵(ムニアン)」。トリュフと生チョコに特化したチョコレート店で、「和」の素材とチョコレートを組み合わせたものが多いのも特徴。ご紹介するのは、松屋銀座店限定のトリュフアソート。

「Le dé(ル・デ)」

以前ご紹介した「牟尼庵 トリュフ6種」が可愛らしい印象だったのに対して、こちらの「Le dé(ル・デ)」はシックですね〜

サイコロの目のトリュフ

DSC05012「Le dé(ル・デ)」の“de”とは、フランス語でサイコロという意味で す。丸いトリュフには、さいの目をモチーフに1〜6までの数字が振ってあります。

6種類のお味

DSC05021_edited-1トリュフのフレーバーには全てに京都の「和」の素材を使用!醤油や味噌など僕たちの身近なものばかりですね。

この辺の和の素材は、チョコレートと合わせるのが非常に難しくてショコラティエがあまり手を出したがらないものばかり。好んで使うショコラトリーは「エスコヤマ」くらいかと。

抹茶 

DSC05039抹茶

京都『辻利一本店』の石臼挽き抹茶を使用。

一度、口の中でほどけたあとの抹茶が香り高く上質。抹茶の香りの中に、ほんのりチョコレートの甘さが溶け込む。

柚子

DSC05050柚子

京都嵯峨水尾の柚子甘露煮を使用。

とても爽やかな柚子の香り。これを食べたら一日の気分もリフレッシュされました(笑)

山椒

DSC05065山椒

京都祇園の粉山椒を使用。

思ったほど、山椒の香りはキツくないです。チョコレートの甘さに混じって優しく香るので親しみやすい。

醤油

DSC05080醤油

京都『澤井醤油本店』の熟成醤油を使用。

醤油はシャープで力強い香り。これは個性があって面白いかと。

味噌

DSC05085味噌

京都『しま村』の白味噌を使用。

6種類の中で一番なめらかに溶けていきます。この溶け方は、まるで味噌そのもの!味噌の甘み酸味とミルクチョコレートの交わり方も優しい。

黒豆

DSC05092黒豆

京丹波の黒豆きな粉を使用。

黒豆を炒ってきな粉にしたのかな?

正月に絶対に食べる黒豆の味と、香ばしいきな粉の組み合わせ。チョコレートがスイーツ感覚です!!

DSC05008外は、チョコレートと水飴でコーティングされているので、パリっと!中は柔らかくて親しみやすいトリュフでした。定番のトリュフとは、食感も全く異なります。定番のものは外側のコーティングはココアパウダーのみで、中はふわふわとろける食感。

定番トリュフも、こちらのトリュフも素晴らしい完成度なのでまた食べたいですね。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!


ブランド名牟尼庵(ムニアン)
公式ページhttp://www.munian.net/munian/
商品名Le dé(ル・デ)
価格3888円(税込)
内容量6個
購入手段松屋銀座店限定

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA