ジャン=ポール・エヴァン「タブレットオランジュリー」

  • 2014-11-10

DSC09286

ジャン=ポール・エヴァン「タブレットオランジュリー」

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回ご紹介するのは、ジャン=ポール・エヴァンのクリスマス期間限定のタブレット。(販売期間:2014年11月1日〜12月25日)

「タブレットオランジュリー」

エヴァンオリジナルクーベルチュールラインのマダガスカル産カカオを使用したタブレット。カカオからオレンジの香りが放たれるのが特徴の1枚!

DSC09297

DSC09299タブレットのパッケージは、まるで封筒のようですね。一度開けても、のり付け部分は何度でも張り付け可能なので、好きな分だけ食べて再びパッケージを閉じて保存が可能です。

DSC09303タブレットオランジュリー、エヴァンの定番タブレットの約2倍の大きさです。カカオ分は62%で程よいビター。色は明るめ。

DSC09315カカオの甘みにオレンジの香りが混じり合い、そして舌を刺激する華やかな酸味が現れます。これはまるで、柑橘をそのものを齧ったような爽やかさですね〜口どけも素晴らしく安定した美味しさです。

ところで、パッケージの原材料を確認してもどこにもオレンジの表記がないんですよね。公式ページの説明によると、カカオ豆の発酵の段階でオレンジと一緒に発酵させたオリジナルクーベルチュールを使用しているらしい。カカオ豆原産国でオレンジと一緒にカカオ豆を発酵させたから、チョコレートにオレンジの香りが出るだとか。。。ほんとなんすかね?

通常は、カカオ豆はフルーティーな甘さのカカオパルプにバナナの葉とか被せて色んな酵母が働いて発酵されるんですが、その他のフルーツと一緒に発酵させる方法は初めて知りました。タブレットオランジュリー ボンボンショコラ オランジュの為だけのために、果たして本当にそこまで手の込んだ事をできるのか?が疑問ですが。。。エヴァンのお店の方に確認しても、恐らくカカオの専門的なことは分からないと思われるので、その辺は深くは調べようがありません。

カカオは奥が深くて面白いですね〜

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!


ブランド名 ジャン=ポール・エヴァン
公式ページ http://www.jph-japon.co.jp
商品名 タブレット オランジュリー
価格 1896円(税込)
内容量 80g
購入手段 ジャン=ポール・エヴァン各店

 

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

お仕事の依頼や、サイトへの広告の掲載などのご相談は→こちらから

 

 

                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド 公式オンラインショップ



関連記事

ページ上部へ戻る