xocol(ショコル)「原石-GENSEKI」







DSC00063

xocol(ショコル)「原石-GENSEKI」

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

世田谷の小さなチョコレート屋さん「xocol/ショコル」。製菓用クーベルチュールを一切使わず、カカオ豆の選別からチョコレートの製造までのプロセスを一貫して自社の工房で行なうBean to Barを徹底したお店です。

今回ご紹介するのは、こちらの小瓶です。冗談ではありません。マジです。

「原石-GENSEKI」

GENSEKIは、チョコレートの原料カカオ豆をローストして殻を剥いだ“カカオニブ”に砂糖をコーティングしてたものです。チョコレートであってチョコレートではない、凄く面白い商品ですよね?完全にアイデア勝負!

DSC00069商品名が原石と言われるだけあって、石のジャリような見た目。

2つの子瓶は何が異なるのかというと、それはカカオ豆の原産国です。パプアニューギニア産と、ベトナム産の2種類のカカオの香りの違いをカカオニブで楽しめます。

カカオニブに砂糖をコーティングした「原石-GENSEKI」を食べてみた

DSC00080

DSC00083通常、カカオニブは苦みが強すぎてたくさん食べれないのですが、こちらの原石-GENSEKIは、ポリフェノールの苦みが砂糖の甘みでしっかりと包まれていますので、何粒でもパクパクいけます。

食感も独特でヤミツキになって止まりません。コーティングの砂糖のサクサク、カカオニブは程よく水分を含んでいてザクッねっちりという感じでしょうか。

2種類のカカオ原産国によってもちろん味の特徴も異なります。パプアニューギニア産のものはフローラルな香りや、カシューナッツのような香り、そしてベトナム産のものは野性的なカカオの印象ですね!

こちらは、チョコレートではないので、年中溶けないので安心です。今回ご紹介した40gのものよりも小さい12gのお試しサイズの取り扱いもあるので、ご興味持たれた方は食べてみてください。またチョコレートとは違ったカカオの楽しみ方です。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!


ブランド名 xocol(ショコル)
公式ページ http://xocol.jp/index.html
商品名 原石-GENSEKI
価格 500円(税込)
内容量 40g
購入手段 公式ページからでも購入できます

 

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA