ニコラシャール「イエロースター リエジョア」

  • 2014-11-18

 

DSC00539

ニコラシャール表参道本店 うさぎじゃないリエジョア??

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

ニコラシャール表参道店が原宿キャットストリートにOPENして9日ほど経過し、お店も落ち着いてきたので遊びに行きました。

ニコラシャールの一番人気のアイテムは“うさぎのシュークリーム”です。しかし、カフェで食べられる一番人気のアイテムといえばやはりこれでしょ!

DSC05118

「うさぎのリエジョア」

以前の銀座本店のときは、「うさぎのパフェ」という商品名だったのですが、表参道本店では「うさぎのリエジョア」という商品名に変更されています。リエジョアとは、フランスでいうところの“大人のパフェ”という意味です。日本から撤退してしまったフランスのジョエルジュランもパフェのことをリエジョアと呼んでいましたね。まぁ、僕に言わせればそんなんどっちでも良いのですが。

しかし今回遊びにきたのは、うさぎのリエジョアが目的ではないのです。一日数量限定の「うさぎではないリエジョア」があると聞いてやってきたのです。うさぎじゃないってどんなヤバいリエジョアがくるんだ!?っとワクワクいっぱいの気持ちでお店に遊びに行きました。しかも、2種類同時発売!これは食べないわけにはいかないでしょ!

平日限定5食!土日祝日限定15食のリエジョア!

DSC00586

なんじゃ、こりゃ!!!!!

ある意味ニコラさんらしくないリエジョアが登場しました。

チョコレートが挿してあるスタイリッシュなリエジョアに、もう一方はスーパーサイヤ人みたいなリエジョアです。とりあえず、なんとなく凄そうなオーラが伝わってきます。

今回の記事では、スーパーサイヤ人の方のリエジョアをご紹介します。

スペシャリテ イエロースター リエジョア

DSC00604スペシャリテ イエロースター リエジョア  ¥2180(税込) 

リエジョアがうさぎではないというのが、ニコラシャール始まって以来の新しい挑戦です。スペシャリテということで、通常のうさぎのリエジョアよりも値段も若干スペシャリテで特別感があります。

みなさんが一番気になっている、グラスのトップの黄色いモサモサした物体はなんなのか?答えは、「飴細工」です。ピエールマルコリーニのように、飾り程度に飴細工が乗っているパフェは召し上がった事がある方もいるかと思いますが、ここまで大胆に飴細工を使ったパフェはお目にかかれないかと思います。僕も初めてでした。

ちなみに飴細工は、流れ星をモチーフにしているらしい。だからイエロースターというわけです。

DSC00585ニコラシャールは、パフェの素材の組み合わせが複雑で層がたくさんありますね。食べていくと色んな味の変化やマリアージュを楽しめるのでワクワクします。

DSC00615食べる前に、付け添えの「いちごのソース」をリエジョアにかけます。

DSC00619

DSC00620ソースのいちごの甘酸っぱさが、飴細工に絡み付く。飴細工はとても繊細で噛んでいくとパキパキと食感を楽しめます。

DSC00631食べ方は人によってそれぞれです。僕は今回いきなりソースをかけましたが、飴細工からパキパキ食べて、中層あたりでソースをかけてみても面白いかと思います。

DSC00585生クリーム&チーズクリームはふんわりとしていてクリーミーなコクがあり、柑橘の層は酸味をヨーグルトで抑えつつも爽やかな味わいです。

中層のトロンとしたぶどうゼリーや、底のフィアンティーヌのサクサク感。味わいの変化だけではなく食感でも変化を楽しめます。

ところで、このイエロースターのリエジョアには、いちごのソースの他にもう1つ付け添えのものがあるのです。

DSC00634これです!なんだと思いますか?

それは食べてみた方だけに分かるお楽しみです(笑)食べたら、子供の頃に食べた懐かしのお菓子を思い出すはずです。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

次回の記事では、もう一方のスペシャリテのチョコレートが挿してあるリエジョア「ルヌーヴォティラミス リエジョア」をご紹介します。


ブランド名 ニコラシャール表参道本店(NicolasCharles)
公式ページ http://nicolascharles.jp
商品名 スペシャリテ イエロースター リエジョア
価格 2180円(税込)
備考 平日限定5食、土日祝15食

 

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


関連記事

掲載メディア

ananチョコレート特集
an・an(アンアン)No.2036号
好きなチョコレートについてコメント

ページ上部へ戻る