ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ「コンパレゾン」





DSC00224

ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ「コンパレゾン」

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

辻口博啓氏の高級ショコラトリー、渋谷ヒカリエの「LE CHOCOLAT DE H/ル ショコラ ドゥ アッシュ」。今回ご紹介するのはボンボンショコラのアソートです。

「コンパレゾン」

こちらは、僅か38セットしか作られなかった限定アソートで、もう販売は終了かと思います。チェックの柄が可愛らしいパッケージですね。

DSC00232

DSC00240バロタンの中のショコラは6個。全てダークプレーンガナッシュで、原材料のカカオの産地や品種が異なります。

カカオ豆の生まれ育った土や環境などで、それぞれ個性溢れる香りを感じることができ、商品名のとおり“コンパレゾン”=”比較”が楽しめるボンボンショコラのアソートです。

DSC00254金箔の粉を散りばめたデザインのショコラは、通常の単品販売でも購入可能な定番のクリオロ種カカオを使用したボンボンショコラです。残りの「•」を取り付けたデザインのものは、全てシングルオリジン(単一カカオ原産国)のボンボンショコラ。

DSC00263グラカス70% エクアドル・グラカス川のカカオを使用。溶かせば溶かす程、甘くフルーティーな香りが強くなる。ほのかに奥底に酸味も感じられて、カカオ豆がフルーティーなパルプに包まれているのだと思わせてくれる。

チュアオ70% ベネズエラ・チュアオ村のカカオを使用。まさかボンボンショコラでチュアオを使用したものと出会うことがあるとは。これはめちゃ希少なカカオです。フルーティーさもあり力強くイキイキした感じ。

ドス リオス70% ドミニカ共和国のカカオを使用。土っぽさもあり、どこが落ち着きのある安心できる香り。

モロベー70% パプアニューギニア産カカオを使用。ベリーを思わせる香りにほんのりスモーキーさも。甘みと酸味のバランスの良い。

マダガスカル70% マダガスカル サンビラーノ渓谷のカカオを使用。こちらもベリーを思わせる香り。とても華やか。

クリオロ クリオロ種カカオ(現存するカカオの5%以下しか存在しない希少品種)を使用。クリーミーで優しさを感じる1粒。

DSC00271ボンボンショコラでも最近やたらと、シングルオリジンタイプのものが流行ですね。ジャンポールエヴァンのグランクリュシリーズとか。

カカオの香りだけではなく、ブランドごとにショコラの食感や口どけなど個性を感じることができるので、この手のタイプもたまに食べるという意味では好きです。

ボンボンショコラはショコラと素材の組み合わせの技を感じるものだと考えておりますので、この手のタイプが流行になってやたらとラインナップが増えすぎるのは困りますが。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜!

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)
公式ページhttp://www.lcdh.jp/global/index.html
商品名コンパレゾン
価格2260円(税込)
内容量6個
購入手段公式ページから購入できます

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 

 








Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。