グイド・カスターニャ「マダガスカル 76%」

チョコレート

グイド・カスターニャ「マダガスカル 76%」

チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回ご紹介するのはイタリアの「グイド・カスターニャ」のチョコレート。

グイド・カスターニャはカカオ豆の選別から焙抄やチョコレートの製造に至るまで一環して自社の工房で行なっているBean to Bar専門店。品質に優れており、イタリアで人気のチョコレートブランドです。日本への入荷が少なく、イタリア食材を取り扱うお店で売り切れの文字が目立ちます。

ラインナップで特に人気が高いのがジャンドゥーヤを使ったもの。1口サイズの「ジャンドゥイオット」やタブレットの「ジャンドゥーヤ」は常に売り切れのイメージ。さて、その中で今回ご紹介する1枚は。。。

「Madagascar 76%/マダガスカル 76%」

マダガスカル産カカオのみを使用したチョコレートです。

チョコレートパッケージの裏面にはBean to Barの表記。

そして、もう1つ目に留まった表記は「48時間コンチング」。マニアックで僕も含め一部のチョコマニアが喜びそう。

コンチングとはチョコレートを練り上げて粒子を細かくしてなめらかにする工程です。コンチング時間についてはチョコレートメーカーによってもマチマチ。リンツのように72時間行なっているところもあれば、ドモーリのように2時間のブランドもあります。日本の森永製菓は5時間だったかな。まぁ、使用している機械の性能も異なりますので。

チョコレートチョコレートは紙で包まれています。油取り紙のような手触りです。

チョコレートこれはシンプルですが個性的な溝ですね。4本の波が刻まれています。いいですね〜こーいうの。

チョコレートチョコレートの厚さはなんと9mm!超、分厚いです。

割った時のクラック音の響きはパキッと響きます。もちろん溝に沿って割れませんでした(笑)

チョコレートカカオ分は76%。

カシューナッツやクルミを思わせる香りを感じ、それを追いかけるように赤い果実の香りが込み上げてきます。華やかさもある一方、クリームのようにまろやかで洗練された印象も持つ上質なカカオです。

厚みがあるのに口どけがスムーズで製法の面でも満足度が高い。口の中にはすっきりとしたカカオのビター感と、ほんのりとナッティーな香りが残ります。

次回はグイド・カスターニャのアリバナシオナル種のカカオを使った1枚をご紹介するので、そちらもお楽しみに。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

Twitterもフォローしてねo(*゚▽゚*)o

ブランド名グイド・カスターニャ(Guido Castagna)
公式ページhttp://www.guidocastagna.it/index.php/it/
商品名マダガスカル76%
価格1836円(税込)
内容量100g
購入手段楽天で購入しました

 

Twitter Facebookページもあるよ!フォローどうぞ!

Twitterアカウントは→こちら(僕の活動のメインです!フォロー宜しくっす!仲良くしましょ!)

Facebookページは→こちら

チョコレートくんに関する質問や、お仕事の依頼は→こちらから

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA