ローソン「冷やして食べるドーナツ」ウチカフェシリーズから登場!







冷やして食べるドーナツ

ローソン「冷やして食べるドーナツ」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回はローソンのウチカフェシリーズから3月24日に新発売されたドーナッツをご紹介します。

「冷やして食べるドーナツ ホイップクリーム&ストロベリー」

「冷やして食べるドーナツ チョコクリーム&アーモンド」

ローソンから同時に2種類の新発売です。“冷やして食べる”をいうネーミングが一般的なドーナツと異なるという印象を与え、興味本位で購入に至りました。ドーナツの本来空洞の部分にはホイップクリームがたっぷりと盛られており、もちろん要冷蔵商品です。

冷やして食べるドーナツ華やかにデコレーションされたドーナツ。パックを開けると、もの凄く甘い香りが漂います。

粒子の細かい「宝笠印」の小麦粉を使用し、“湯煎焼き”できめ細かくしっとりと焼きあげたのが生地の特徴。中央のには北海道産“純生クリーム”を加え冷やして食べるスイーツ感覚のドーナツ。

ホイップクリーム&ストロベリーのドーナツ

冷やして食べるドーナツ女子ウケしような「ホイップクリーム&ストロベリー」のドーナツ。

表面にストロベリーチョコのコーティング、ホワイトチョコ・ストロベリーピース・銀アラザンのトッピングをし、北海道産“純生クリーム”を使用したホイップ。

チョコクリーム&アーモンドのドーナツ

冷やして食べるドーナツ一方「チョコクリーム&アーモンド」はチョコレートベースの男らしいブラック!

表面にチョコのコーティングとホワイトチョコ・ココアクランチ・アーモンドスライスのトッピングをし、中央に北海道産“純生クリーム”を使用したチョコホイップ

冷やして食べるドーナツ生地は油分が多いがゆえにしっとりとしているようです。お皿に移すときに手に油がいっぱい手に付きました。

僕は写真の見栄えをよくする為にお皿に乗せましたが、実際食べる時はカップのままスプーンですくって食べれます。皆さんは手で触れるシーン一切ないのでご安心を!

まずはストロベリーから!

冷やして食べるドーナツ

うおっ!クッソ甘ぇ〜 マグノリアベーカリーかよ!

アメリカンな甘さです。なんかコメントに困るな。ブログの記事が進まんだろ!ローソンさん!

チョコっとチョコも!

冷やして食べるドーナツまだチョコの方がちょこっと救いようがある。

まとめ

ドーナッツというよりもケーキに近い感じです。

最近はコンビニスイーツも進化して、特にローソンのプレミアムロールケーキが美味しかったので、これにも期待して食べたら残念な結果に!

ライバルのセブンイレブンがドーナツに参入して話題になりましたが、結局チェーン店だとミスドが最強なんですよね。ではみなさん良きチョコレートライフを〜

商品名 「冷やして食べるドーナツ ホイップクリーム&ストロベリー」「冷やして食べるドーナツ チョコクリーム&アーモンド」
メーカー コスモフーズ株式会社
価格 180円(税込)
内容量 1個
エネルギー ストロベリー 333cal(カロリー)チョコ 324kcal(カロリー)
購入先 ローソン限定






カカオ豆から始めるチョコレート作りのイベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA