ダリケー「カカオが香るキャラメルチョコレートパフェ」





ダリケーチョコパフェ

ダリケー「カカオが香るキャラメルチョコレートパフェ」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

新宿高島屋の11F催事場で開催中の「春の美味コレクション」に行ってきました。開催期間は4月1日(水)〜4月6日(月)と短い間ですが、普段東京にはお店がない有名店が数多く出店しており賑わってます。

そして、今回ご紹介する京都本店のチョコレートブランド「ダリケー」もその1つ!インドネシア・スラウェシ島のカカオを使って作ったトリュフを始めとするチョコレート製品以外にも、ダリケーとしては珍しくイートインが設置されています。

イートインで何が食べれるのかというと「チョコパフェ」です!

ダリケーチョコパフェカカオが香るキャラメルチョコレートパフェ(カカオティー付き)¥1500(税込)

チョコレート愛好家の間で話題になったダリケーのパフェ!僕が高島屋の催事場に来た目的もこれが食べたいからです。京都や大阪にあるダリケーの常設店でもパフェのメニューは取り扱ってません。この催事だけの限定のメニューと聞いたら食べないわけにはいきませんね!

パフェの説明

ダリケーチョコパフェカカオの魅力を全面に押し出したブラックを基調としたパフェ!

主力商品である「トリュフ」を始め、「フィナンシェ」「キャラメリゼされたカシューナッツ」がトップに盛られてます。さらに、ドロッとしたクリームは先日僕の記事でご紹介した生チョコクリーム

ダリケーチョコパフェグラスのチョコレートアイスは、もちろんインドネシアカカオ豆を使用したダリケーオリジナルのBean to Ice creamです。

まだ、ダリケーのチョコレートを1度も食べた事がない方でも、こちらのチョコパフェ1つでダリケーの魅力を知る事ができます。理由はダリケーの商品で作られているだけではありません。チョコパフェセットには、カカオ豆に興味を持ってもらう為の工夫がなされているのです。

カカオに触れてみよう!

DSC01882実際に焙煎済みのカカオ豆に触れることができます!チョコレートが好きだけど、カカオ豆を見た事も触った事もない方も多いのではないでしょうか?僕と一緒に来た友達もカカオ豆を見たのは初めてだそうです。

DSC01888カカオ豆の殻を剥き「カカオニブ」をパフェの上に自分で散りばめて食べます。なかなかこのような経験はできませんよね?ただ美味しいパフェを提供するだけでなく、「お客さんにカカオへの興味を持ってもらう」というダリケーの想いを感じました。

パフェとセットで付いてくるカカオティーもですね。

DSC01885こちらのお茶は、なんとカカオ豆の殻を煎って作られたものです。プーアール茶のような優しい味わいで美味しい。本来ならパフェと合わせて飲むものですが、美味しすぎてパフェを食べる頃にはほとんど飲んでしまった。

さて、カカオニブを乗せてパフェを食べてみます!

パフェ食べてみた

IMG_1825

IMG_1827チョコがぎゅっと詰まっている!カカオがイキイキしており濃厚な仕上がりに。

アイスからもカカオが力強い風味を放ちます。アイス、生チョコクリーム、カカオニブを絡めて食べたときの味わいが特に最高です!冷んやりとしたチョコの味わいの中で、カリカリ食感のニブのパワーを堪能できる!

トリュフはアイスと絡めずにそのままシンプルに頂きました。

IMG_1830スラウェシ島産カシューナッツはダリケーで販売されているものを、さらにキャラメリゼして手を加えたもの。これも美味しい!甘くほろ苦く仕上がっている。食感や豪快さがクセになります。

ダリケーのカカオの魅力が詰まったチョコレートパフェです。現在のところ催事でしか食べれないレアなパフェなので是非!

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名ダリケー(Dari-K)
公式ページhttp://www.dari-k.com
商品名カカオが香るキャラメルチョコレートパフェ
価格1500円(税込)
食べた場所新宿高島屋 11F催事場
提供期間2015年4月1日〜6日まで






ダリケーチョコパフェ


Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。