チョコレートナイーブ「ニカラグア・ニカリソ 70%」

  • 2015-4-6

 

チョコレートナイーブ

チョコレートナイーブ「ニカラグア・ニカリソ 70%」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回は、リトアニア発のBean to Barチョコレートブランド「Chocolate Naive/チョコレート ナイーブ」のタブレットをご紹介します。2011年創業でまだ歴史が浅いブランドですが、勢いがあるBean to Barの1つ!今年、新宿NSビルで開催されたサロンデュショコラ2015にも初出場されました。

パッケージを見て気になるのが「MEDIUM roast level」の文字!カカオの産地や品種だけではく、コンチング時間やローストの強さなどの情報を表記するBean to Barブランドが増えましたね。

チョコレートナイーブチョコレートナイーブは現在、ニカラグア、ジャワ島、タンザニア、マダガスカルの4カ国からカカオを仕入れリトアニア本国でチョコレートを製造しています。シンプルなシングルオリジンダークチョコレートの他に、リトアニアの自然食材を使ったフレーバーチョコレートのラインナップも豊富です。

「ニカラグア・ニカリソ」

まず1枚目はニカラグア産クリオロ種カカオを使ったシングルオリジンダークチョコレートをご紹介します。ニカラグア産の“ニカリソ”という単語は特定の地域を指している言葉なのでしょうか。フリスホルムなどのチョコレートでニカラグア産カカオの魅力を教え込まれたので、非常に興味があります。

チョコレートナイーブ

チョコレートに溝がないので自由な大きさにパキパキ割る事が可能。

中央には一輪車に乗った人の絵。リトアニアの文化にはあまり詳しくないので「リトアニア 一輪車」とググってみたら色々と出てきました。なるほど。

チョコレートナイーブ厚さ4mmの薄い形状からカカオの野性的な香りが漲る!

カカオ分は70%。ロースト温度はミディアム。

原材料は、カカオ豆、砂糖、カカオバター、バター、レシチン。ん?バター??

チョコレートナイーブ

口に入れた瞬間は、黒トリュフ、草や土のような森の中を思わせる香りと共に、苦み甘みがバランスよく交差する。しばらくすると酸味も徐々に現れる表情豊かな板。そこからまろやかに味わいが変化して蜂蜜、花、生クリームの香りや柑橘系の爽やかフルーツ

風味がとても複雑です。複雑すぎる分、食べる人によって様々な答えが返ってきて面白いチョコレートだと感じました。薄い板が儚く溶けると共に広がる表情豊かなアロマ。

チョコレートナイーブのラインナップは路面ですと外苑前のリトアニア雑貨LT shopで購入可能です。4月1日から公式オンラインからでも購入可能になりましたので、下記の詳細にURL貼っときます。ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 Chocolate Naive/チョコレート ナイーブ
公式ページ http://www.chocolatenaive.jp/index.html
商品名 ニカラグア・ニカリソ
価格 1944円(税込)
内容量 70g
購入手段 公式ページから購入できます
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


関連記事

ページ上部へ戻る