アンリ・ルルー「パフェ ショコラ・フランボワーズ」

チョコレート

HENRI LE ROUX/アンリ・ルルー

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

六本木駅から直結で遊べるミッドタウンは、ジャン=ポール・エヴァンサダハル・アオキ、トシ・ヨロイヅカなど有名店が競合し、最適なスイーツ巡りの空間!ちょうど僕はパフェが食べたい気分だったので選択肢が「アンリ・ルルー」のみに絞られました。

アンリルルーといえば、過去にC.B.S.キャラメルを使用したパフェの記事を書きました。今回は、新しい味(記事のネタ)を求めてこちらを選択!

パフェ ショコラ・フランボワーズ

アンリ・ルルーのチョコ

パフェ ショコラ・フランボワーズ ¥1728

トップには円盤型ヌガティーヌとチョコレート。薄く繊細です。

アンリルルーのチョコソルベカカオ2玉は濃厚ながらもスッキリとした味わいのソルベ。

女性の方に特に注目して味わっていただきたいのが、ピンクの可愛らしいソルベのソルベディアブルローズ。バナナ、フランボワーズ、パッションフルーツという珍しい組み合わせでフルーティー&爽やかな味わい。こちらのアイスには僕も一時期ハマって、去年の夏ベリエにソルベを浮かべた商品を飲みまくった記憶があります。今年の夏も販売されることを祈る!

さらに進むぜ!!

チョコレートアイスの下に茶色のクリームが見えますね? これはヘーゼルナッツ&チョコレートのクリームです。このクリームが僕をアンリ・ルルーのパフェに魅了された構成要素の1つ。パフェグラスC.B.Sにも同様のものが入ってますよ!

なぜ、僕がこのクリームに魅了されたのかというとヘーゼルナッツの香り???ではなくチョコレートの力強い「酸味」です。チョコレートの酸味って一般的にあまり受け入れられないためなのか、スイーツに滅多に使用されないですよね?マルコリーニも昔、チョコパフェのチョコアイスに酸味がありましたが、現在は酸味がない仕様に変わりましたし。

このクリームの酸味がアイスとも、サクサク食感のクランブルとも相性が最高なのです!

アンリルルーのチョコあっごめんね!早く口の中に入れたくて、イライラしてたからアイスのピントが合ってない(笑)美味しいパフェの前では冷静になれなかった!

チョコレートとどめはフランボワーズのコンフィチュールで爽やかにまとまり、女性らしいパフェでした!

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名アンリルルー(HENRI LE ROUX)
公式ページhttp://www.henri-leroux.com
商品名パフェ ショコラ・フランボワーズ
価格1728円(税込)
店舗ミッドタウン店






チョコレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA