オリジナルビーンズ「グランクリュブレンドNo.1 80%」

オリジナルビーンズのチョコ

オリジナルビーンズ「グランクリュブレンドNo.1 80%」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

Original Beans(オリジナルビーンズ)は、オランダ・アムステルダムに本拠地を構えるBean to Barチョコレートブランド。コンゴ、ボリビア、エクアドル、ペルーの4カ国からカカオ豆を仕入れ、チョコの製造自体はスイスで行なっています。

オリジナルビーンズのチョコBean to Barが注目される中で、カカオの質が求められる流れになり、そして必然的にカカオ農園の様々な問題にスポットを当てた取り組みも増えています。問題の中で根本にあるのはカカオ農園の所得が低すぎること。

解決策としてフェアトレードを取り入れているお店の多いけど「フェアトレードってなんとなく響きがいいなぁ」と感じるだけで、実際には「どのくらい農家にバリューがあるのか?」具体的なことが消費者から見えてこない商品が多いと感じます。

オリジナルビーンズのチョコその中で、オリジナルビーンズはとても具体的でかつユニークな取り組みをされています。

One Bar : One Tree

タブレット1枚購入されると、1本のカカオを4カ国それぞれのカカオ農家の人たちと協力しながら、植樹するプログラムです。つまり、僕は今回2枚のタブレットを購入したので、それによって2本のカカオの苗木が原産国の農園に植えられます。

オリジナルの豆によるチョコレートバーを販売し、植樹されたカカオの苗木は3年後にはカカオ農家の収入に繋がるそうです。カカオ産地を支援だけでなく、地球環境への保全を努めています。

オリジナルビーンズのチョコGRAND CRU BLEND NO.1 80%/ グランクリュブレンドNo.1 80%

今回オリジナルビーンズからご紹介するチョコレートは、4カ国のカカオ原産国の豆をブレンドしたもの。

原材料はカカオ豆、砂糖、カカオバターのみでシンプルな構成。

オリジナルビーンズのチョコタブレットを割ったときのクラック音は鈍く、口へ含むとしっとりとした舌ざわり。

苦みが強く、舌でかき回すと重厚なテクスチャーだが、野生の果実感で溢れていて食べやすい。酸味は丸みを帯びており、じっくりと味わうとコーヒーを思わせる風味も現れる。舌に残る後味はスッキリとしており、長いカカオの余韻で楽しませてくれる。

オリジナルビーンズ。こちらも素晴らしい品質のタブレットでした。ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 オリジナルビーンズ
公式ページ http://originalbeans.com/
商品名 グランクリュブレンドNo.1 80%
価格 1080円(税込)
内容量 70g
オリジナルビーンズのチョコ

チョコレートくんのチョコレートブランド


Chocolat du Cima

ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんのチョコレート好きが高じてスタートしたチョコレートブランドです。素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。