テオブロマ「カカオの実」







カカオニブチョコレート

テオブロマ「カカオの実」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

こちらは「テオブロマ」の神楽坂店で購入した商品。オレンジの箱の中に一体何が入っているのかというと。。。カカオポッドの陶器です。

カカオニブチョコレート箱を開けて出てきたのは、赤でも緑でも黄色でもないクリーム色のカカオポッドです。先ほど、テオブロマの公式オンラインを覗いてみたら、緑のポッドも販売されてました。これは、カカオ好きとしてグッときます!お気に入りで捨てれないボンボンショコラのパッケージが増える中、またまた捨てれないシリーズが登場です。

「カカオの実」

店内のショーケースの上にカカオポッドのディスプレイが置いてあり、そこから「カカオ好きなら購入するだろ?」と無言のプレッシャーを感じ取りました。そこで我が家に可愛いポッドがやってきたわけです。

カカオニブチョコレートカカオポッドの直径は14cmくらいの大きさです。

カカオニブチョコレート器を開けると。。。これは!?

カカオニブチョコレート

カカオニブチョコレートカカオニブチョコレートです。カカオニブのクランチにチョコレートをコーティングしたアレ!最近Bean to Barのお店で流行っていますね。

カカオニブチョコレート1粒1粒の大きさは麦チョコよりも、ひとまわり小さいです。この手のタイプのチョコはマットな手触りなものが多い中、テオブロマさんのカカオニブチョコは手で触れると表面はしっとりべたつきます。

カカオニブチョコレート割るとこんな感じ!ダリケーのものと見比べてみると、同じニブチョコでも全く異なるビジュアルです。ダリケーのは、コーティングとカカオニブの色がハッキリと分かります。見た目の違いがあるなら、もちろん味の違いもハッキリしてます。

カカオニブチョコレートスイートなチョコレートを感じながら、噛むたびにカカオニブの苦みがリズミカルに広がってゆく。

カカオニブがあまりカリッとしてません。コーティングと一体感があり、良い意味で食べやすいニブチョコですね。これは何故でしょう。ニブに水分を含みすぎなのかな。

食べやすくてボリボリ食べてしまうのがテオブロマのニブチョコ!カカオニブの表現をしっかりと楽しめるものがダリケーのニブチョコ!個人的に僕が好きな方を選ぶとすれば、間違えなく後者です。

カカオニブチョコは、ショコラティエで言うところのオランジェットのようにブランドごとの差があまりないかと思ったのですが、実際に食べ比べてみると驚く程特徴が感じられるものでした。ドモーリのアリバカカオを使用したカカオニブチョコもオススメしときます。

ではみなさん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 テオブロマ
公式ページ http://www.theobroma.co.jp/index.html
商品名 カカオの実
価格 2592円(税込)
内容量 50g
購入手段 公式オンラインで購入可能






カカオニブチョコレート
カカオ豆から始めるチョコレート作りのイベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA