ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ「NATTO/納豆」

納豆チョコ

ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ「NATTO/納豆」

どうも!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回は辻口博啓シェフが手がけるショコラトリール・ショコラ・ドゥ・アッシュのタブレットをご紹介します。

「NATTO/納豆」

チョコと納豆の組み合わせは珍しく、あまりイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。ショコラの個性は「発酵」が鍵を握るという考えの下に誕生したらしい。

納豆チョコ

納豆チョコ納豆の粒が邪魔をしてタブレットを溝で割りづらいっす(笑) 美しく割れない!

裏面はこうなってます!

納豆チョコエスコヤマさんのタブレット“大徳寺納豆”とは同じ納豆チョコのジャンルですが全くの別物です。あちらは大徳寺納豆の独特な赤味噌のような味わいがタブレット全体に馴染んでいるが特徴。それに対して、アッシュのタブレットNATTO(納豆)はミルクチョコにフリーズドライの納豆をそのまま練り込ませています。ボツボツしてますねぇ。

納豆チョコ第一印象は、チョコレートを食べているような感じがなく、おかきを食べているのかのようなサクサクした食感と香ばしさ。日本人に馴染み深い納豆の発酵臭は控えめです。しかし、中盤以降にフリーズドライが唾液と混じって溶け始め、納豆の風味がグッと広がります。なめらかなミルクチョコレートの中で、納豆の粘りまで表現されていて驚きました。フリーズドライだからこそってのもあるけど、納豆もミルクチョコと合わせることが可能なのですね。味覚に合うかはどうかは別にして。

では皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ
公式ページhttp://www.lcdh.jp
商品名NATTO/納豆
価格1850円(税込)
内容量70g
購入手段銀座本店




納豆チョコ

ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。