マノアチョコレート「72% ハワイアンシーソルト」







マノアチョコレート

マノアチョコレート「72% ハワイアンシーソルト」

こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

マノアチョコレートは、2012年6月にオアフ島カイルアで創業した歴史がまだ浅いチョコレート専門店です。カカオ豆の仕入れ・焙抄の工程から自社でチョコレートを製造(Bean to Bar)するのが特徴であり、ラインナップの中ではカカオ豆にハワイの特産物であるヤギのミルクやラベンダーなどを合わせた独自なチョコレートが有名です。

「72% ハワイアンシーソルト」

今回、マノアチョコレートからご紹介するのは、世界的に見ても生産量の少ないハワイ産カカオを使用したチョコレートです。トッピングには、モロカイ島のピンクシーソルト、ハワイ島のブラックラヴァシーソルト、オアフ島で採れたローカルのシーソルトの3種類の岩塩ブレンド!

マノアチョコレート塩のダークチョコレートはショコラトリーの中でも人気アイテムの1つですね。僕も含めチョコ好きの中でも好みの方が多いのではないでしょうか。

パッケージから取り出すとマドレチョコレートのロゴと、カカオの花の絵が彫られている個性的なタブレット。

一見するとなんの変哲もないダークチョコレートですが、裏面は。。。

マノアチョコレート3種のシーソルトのトッピングです。タブレットの中に練り込まれているわけではなく、直接散りばめているのです。

原材料は、カカオ豆、砂糖、カカオバター、塩のみ。添加物を使わないBean to Bar専門店おなじみのシンプルな構成。

マノアチョコレートチョコレート本体の香りがスモーキーで、苦みは力強いです。シーソルトの塩味がアクセントになり複雑な味わいへ。口の中に苦みは残り続けるものの、塩味の影響でカカオから甘みも瞬間的に感じられます。塩が良い仕事をしますねぇ。

中盤以降、カカオから酸味がジワジワ現れ、爽やかな一面も。ラストは苦みと塩味が合わさった刺激的な余韻が舌に残ります。

テクスチャーはオイリーな舌触り、なめらかな口どけです。

カカオも塩もお互いに負けないくらいの存在感で楽しませてくれました。また、塩によってチョコレートの味わいや香りがより複雑に楽しめます。

では皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 マノアチョコレート
公式ページ http://manoa-chocolate-hawaii.myshopify.com
商品名 72% ハワイアンシーソルト
価格 1188円(税込)
内容量 50g
購入手段 アイランドメイド






マノアチョコレート
カカオ豆から始めるチョコレート作りのイベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA