セブンイレブン チョコプリンの生どら(モンテール)

こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

どら焼きといえば餡子や栗など和の素材を挟み込むのが一般的ですね。セブンイレブンでおなじみのモンテール製生どらシリーズでは、常識に捕われずにスイーツという枠の中で様々なユニークなフレーバーを販売して楽しませてくれます。先日ブログ記事を書いた同シリーズである「生どらミルク&ショコラ」は、生クリームのミルキーな味わいとチョコ生地のコラボが絶妙でした。

セブンイレブン チョコプリンの生どら(モンテール)

DSC01133モンテールの生どらシリーズからまたまたユニークなものが新発売されたのでご紹介します。商品名は「チョコプリンの生どら」。どら焼きの中にチョコプリンを入れてしまうとは大胆すぎるっ!

DSC01141外見はどら焼きというよりも、パンケーキというイメージでしょうか。以前に人気が高かったプリンの生どらのチョコレートバージョンということで、生地までチョコレートでできています。手がベタつくほどではありませんが、若干油分でしっとりしています。

DSC01143見ての通り、生地の間にはミルククリームがたっぷりと入っていて主役のチョコプリンは表面からは確認できない状態。包丁で生地を切ってみましょう。。。

DSC01148美しい断面が現る!そして生地の厚さにも負けないチョコプリンのボリューム感!具材が隙間無くみっしり入っていているのは生どらシリーズ共通です。

DSC01150生地はふわりと軽やかな食感で、甘さは控えめです。チョコプリンの甘さを受け止めるには、生地があっさりしているくらいがちょうど良いかと思います。軽さがありながらもココア風味がしっかりと広がる。

ホイップクリームのミルキーな印象がチョコ生地とチョコプリンを繋げて絶妙な味わいに仕上げてくれる。

センターのチョコレートプリンを単体で食べてみたところ、一般的にコンビニで売られているプリンよりも弾力をなくしているようです。このプリンは生地と合わせることにより本来の美味しさが発揮されるものなのでしょう。プリンが固すぎない分、生地のふわり食感が楽しめ、また全体的な口どけが自然です。

チョコプリンの味わいには存在感があり、まろやかで甘いんだけど奥底にカカオのほろ苦さも感じられます。生地のチョコ感と組み合わさって奥行きのある大人の味わい!モンテール製のスイーツは相変わらず安定した美味しさです。

皆さん良きチョコレートライフを〜

商品名セブンイレブン チョコプリンの生どら(モンテール)
メーカー株式会社モンテール
価格190円(税込)
内容量1個
エネルギー259kcal(カロリー)
購入先セブンイレブン




ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。