プラリュ「チュアオ」

プラリュチュアオこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

「チュアオ」の名が付くカカオ豆は大変希少で、誰もが認める最高峰のカカオの1つとされています。ベネズエラ北の辺境にある「チュアオ村」で採れるカカオからチュアオと名付けられました。北はカリブ海、東西南は熱帯雨林で覆われているため、村へ行く手段は海岸を沿って歩くか、北のカリブ海から船で村の近くまで入るくらしかありません。辺境にたどりついたらそこには世界最高のカカオのプランテーション!!

チュアオのカカオは人工的な交配がされた歴史がなく、原生の遺伝子を残しているとされています。風味豊かな独特なアロマを持ち、様々なブランドがチュアオの名が付く商品を販売しています。(年間16トン程度しか生産されないのでそれも不思議な気がしますが。。。)

プラリュ/チュアオ

プラリュチュアオ今回ご紹介するのは「プラリュ」のチュアオです。プラリュは1948年にフランス・ロワンヌで創業し、クオリティーの高いカカオ産地別タブレットが楽しめるブランドです。フランスではまだまだ少ないカカオ豆からチョコレートを作るブランドの1つとなります。

スライド式の箱にタブレットがすっぽり収まってます。素晴らしいパッケージセンス。

プラリュチュアオ海外でプラリュのタブレットを購入すると表面に傷が目立つことが多いですが、こちらの丈夫なパッケージのおかげで無事!タブレットに傷がほとんどありません。

プラリュチュアオ力強い酸味とプラリュ典型的なダークローストが印象的です。

ウッディーな香り、エスプレッソのような力強さ。溶けてくるとフレッシュな酸味が開き出します。繊細なタイプというよりは、カカオがストレートに伝わるタイプのチュアオ。ドモーリやアメデイとは全く異なるタイプの風味。

食感は口の中であまりしがみつかず、スムーズに溶けて喉を通過します。

このパワフルなチュアオを凄腕シェフによってアントルメの材料に使ったらどう生まれ変わるのかも試したくなりました(以前、いただいた1kgのプラリュチュアオのクーベルチュール全て溶かしてしもうた。しまったっ!!)。

皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名フランソワプラリュ(Pralus)
公式ページhttp://www.chocolats-pralus.com/jp
商品名チュアオ
内容量50g




プラリュチュアオ
チョコレートイベント




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA