HUGO&VICTOR×MAROU「カルネ・ビーントゥバー」

こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

フランスの「HUGO&VICTOR/ユーゴ・エ・ヴィクトール」と、ベトナム産のカカオ豆のみを使用した地域別シングルオリジンチョコバーを手がける「MAROU CHOCOLATE/マルゥチョコレート」との素敵なコラボレーションによって誕生したのがこちら!

カルネ・ビーントゥバー

ユーゴエヴィクトールマルゥパリのサロンデュショコラ2015で限定販売された商品です。日本のサロンデュショコラ2016でも同様に限定販売されました。

マルゥのベトナム産カカオ豆から作られたクーベルチュールを使用して、ボンボンショコラ化した商品。マルゥといえば、ベトナムの地域ごとに様々なシングルオリジンバーを手がけます。そこで、マルゥのタブレットをご存知の方へ質問します。今回使用されたチョコレートは一体なんだと思いますか?

グリーンカラーのパッケージがヒント!答えは、、、

「ベンチェ」

ベトナム・ベンチェ省 メコンデルタに位置する農園で採れたカカオを作ったチョコレート。爽やかな酸味とドライレーズンのようなアロマが特徴。こちらのチョコレートでユーゴ・エ・ヴィクトールのボンボンショコラが作られたわけです。

ユーゴエヴィクトール マルゥコラボレーションでもヴィクトール・ユーゴの本をモチーフにしたオシャレなパッケージは健在です。

ユーゴエヴィクトール マルゥ12粒入りのショコラは全部で3種類の味!

ユーゴエヴィクトール マルゥカカオがストレートに味わえるシンプルなビターガナッシュ。固めな食感から、なめらかに溶けてゆきます。
マルゥらしい力強いカカオでありながらも、生クリームが加わることによってマイルドな一面も見せます。

フルーティーな香り。さらに、ビターな味わいとクリアな酸味が口の中に残り続けます。

ユーゴエヴィクトール マルゥおや、ガナッシュはビターかと思いきや、ミルクチョコレートバージョンは全体的にめちゃくちゃ甘く仕上ってます。濃厚な甘さの中でも奥底でガナッシュによるカカオの主張があり、特徴である酸味も感じられます。

うん、甘い!!!

ユーゴエヴィクトール マルゥ

最後、面白いのはスパイスをブレンドしたビターガナッシュ。カカオが力強い分、それに合わせてシナモンも物凄く効かせているのが特徴です。カカオの風味と共に香りがたっぷりと鼻を抜けます。

マルゥのカカオの力強さをシンプルに伝えながらも、ユーゴ&ヴィクトールの技も表現した貴重なショコラ。ユーゴ・エ・ヴィクトールとマルゥの手がけるチョコレートのタイプが真逆だからこそ、このコラボレーションに興味をそそられました。このようなユニークなコラボと出会えるものサロンデュショコラの魅力の1つです。

皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名ユーゴエヴィクトール(HUGO&VICTOR)
公式ページhttp://www.hugovictor.com
商品名カルネ・ビーントゥバー
価格4536円(税込)
内容量12個
購入先サロンデュショコラ




ユーゴエヴィクトール マルゥ

ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。