アンマチョコレート「カカオニブバー 75%」

アンマチョコレートこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

「AMMA/アンマ」は、ブラジル大西洋側に位置するバイーア地区に2007年に創業。契約農園のカカオ品質向上や管理、チョコレート製造までを一貫して行うTree to Bar(木からチョコバー)ブランドです。

カカオニブバー

アンマチョコレート

今回ご紹介するのはカカオニブを散りばめたタブレットです。

カカオ分は75%。
裏面には砕かれたカカオニブがぎっしりと、、、外見だけで充分にインパクト大です。

アンマチョコレート原材料のカカオ豆は、バイーア地区の熱帯雨林地域で収穫されたブラジル産の豆のみを使用。

原材料は、カカオマス、砂糖、ココアバター、カカオニブのみ。カカオが主役のタブレットらしいシンプルな原材料構成です。

アンマチョコレートプラリュのように右下にロゴが刻まれたモールド。
ただし、刻まれた文字はブランド名ではなく、創業者ディエゴ・バダロ氏の名前。

ディエゴ・バダロ氏は、チョコレート作りの工程はプラリュから学ばれたようです。
そして、プラリュのブラジル75%は、彼の農園のブラジルカカオを使うくらい親密な関係。

アンマチョコレート封を開けた瞬間から伝わるカカオの勢い。

口へ含むと重厚だがサッパリとした後味のカカオ。フルーティーな香りにクリアな酸味がほんの微かに。苦みや渋みのコクがぎゅっと凝縮されており、カカオを味わっているという感じにさせてくれます。

アンマのタブレットは、重厚感のあるタイプですので、タブレット初心者にはあまりオススメしません。
リサーチするとminimalなどのカカオがガツンとくるブランドを好む人がリピートするイメージ。
今回は、そんな力強い味わいのバーもサロンデュショコラで1枚チョイスしておこうと考え、購入に至りました。

アンマのフェイスブックページを覗くと、常にカカオの品質向上を行っている様子が伝わります。それを見てしまうと来年も変化を見たくて購入したくなるんですよね。皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名AMMA CHOCOLATE (アンマチョコレート)
公式ページhttp://www.ammachocolate.com.br
商品名カカオニブバー75%
価格 1512円(税込)
内容量80g
購入先 サロンデュショコラ2016




アンマチョコレート
チョコレートイベント




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA