アケッソンズ「マダガスカル ベジョーホ プランテーション 43%ホワイト」

  • 2016-3-17

アケッソンズこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

マダガスカル、ブラジル、インドネシア・バリ島の3カ国に自社農園を保有するチョコレートブランド
「AKESSON’S/アケッソンズ」

保有する農園のカカオは品質が非常に優れており、自社製品だけでなく様々な名門ブランドにもカカオを提供しています。

アケッソンズは、単一の農園のカカオをシンプルに活かしたダークチョコレートや、塩や珍しい胡椒をアクセントに使った料理のようなチョコレートをいくつも取り揃えています。ところが、今回ご紹介するチョコレートはそれらとは全くの別物。

マダガスカル ベジョーホ プランテーション 43%ホワイト

アケッソンズ今年のサロンデュショコラで日本初入荷のホワイトチョコレート。原材料はカカオバター、全粉乳、脱脂粉乳、砂糖のシンプルなホワイトチョコですが、一般的に流通しているものとはいくつか異なるポイントがあります。

1点目:ホワイトチョコでカカオ分がパッケージに表記されているのは珍しい。
43%というホワイトチョコにしては高いパーセンテージを強調しているかのようです。

2点目:農園指定のカカオバター。
マダガスカル・ベジョーホプランテーションで獲れたカカオ豆を遠心分離で絞ったバターを使用。

アケッソンズ最後に:カカオバターをチョコレートの原材料として使用するなら必ず行う、デオドライズ(脱臭・脱色)があえてされていません。デオドライズしないことにより、本来は無臭なはずのホワイトチョコにカカオの香りが残ります。また、タブレットに濃い黄ばんだ色が残っています。

アケッソンズ

アケッソンズ独特な臭いがあるのでちょっと食べる人を選ぶチョコレート。

ゆっくりと溶かすと甘みが広がり、ミルクの奥底にほんのりとチョコレートの味わいや、フルーティーな香りが開きます。
ホワイトチョコらしく甘みはしっかりとしてますが、甘ったるさが後に残らないのはカカオ分(カカオバター含有量)が高いからなのでしょうか。

ホワイトチョコに面白さを感じない方にこそ食べてもらいたい個性が打ち出された商品です。
皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 AKESSON’S(アケッソンズ)
公式ページ  http://www.akessons-organic.com
商品名  マダガスカル ベジョーホ プランテーション 43%ホワイト
価格  1404円(税込)
内容量 60g
購入先  サロンデュショコラ2016
                 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートくんのショコラブランド 公式オンラインショップ



関連記事

ページ上部へ戻る