PACARI(パカリ)「ローチョコレート100%」

  • 2016-4-4

 

パカリこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

エクアドル発のTree to Barブランド
「PACARI/パカリ」

カカオをローストして作られる通常のチョコレートと、カカオをローストしない”ローチョコレート”の両方を手がけるブランドは他に類を見ません。非加熱で作られることによってカカオの豊富な栄養素と酵素を効率的に摂取できるというローチョコの魅力。ローチョコ専門店の大多数がそこに最大のバリューを置く事に対して、パカリの場合は自家製カカオを使って美味しいチョコレートを作るという目的のみにスポットを当てています。ローフードからローチョコに行き着いた人と、自分のカカオで美味しいチョコレートを作るためにローチョコに行き着いた人の違いです。

Raw chocolate 100%/ローチョコレート 100%

パカリカカオ分100%のチョコレート。

いくらビターが好きだといえど、砂糖が一切含まれていないチョコレートを好む方は稀なのではないでしょうか。カカオ本来の強烈な苦みが味覚を襲います。それ故にカカオ分100%のチョコレートはマニアックな世界だと感じています。チョコレートマニアの方々ではなく、さらにニッチな僕が「カカオマニア」と呼んでいる方々のことです。

今回ご紹介するのは、さらにマニアックなカカオ分100%!なんと、ローチョコレートの100%なのです!非加熱ということで、焙煎されたカカオを使ったチョコレートよりも、ポリフェノール含有量が多い為、苦みがさらに強そうです。

パカリカカオが大昔、薬と言われていた意味が理解できます。これは薬です。

仮にこのチョコレートを食べる直前に他の食材を食べたとしても、強烈な苦みが全てをかき消します。ゆっくりと溶かすとほんの微かにドライフルーツの香りが重厚な苦みから現れる。食べ終わった後、舌にはほんのりとざらつきが残ります。

改めて砂糖のありがたみが分かりますが、それと同時に重厚な苦みの中から感じられるアロマがパカリのカカオの品質の高さを証明してくれました。
皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名 PACARI(パカリ)
公式ページ http://www.pacarichocolate.com/en/index.php/
商品名  ローチョコレート100%
内容量 50g
購入先  日本未発売
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


関連記事

ページ上部へ戻る