チョコレートナイーブ「マヤ・レッド 70%」

チョコレートナイーブこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

2011年創業、リトアニア発のBean to Barブランド
「Chocolate Naive/チョコレート ナイーブ」

今年、いただいたチョコレートが1年前、2年前よりも遥かに品質が向上していて驚きました。原材料に使用していた”バター”を全てカカオバターで油分を添加したり、機械にもかなり設備投資されているそうで製造努力が味のクオリティーから感じられます。今後も楽しみな個人的にも注目しているBean to Barブランドです。

2013年から国際的なアワードに積極的に出品し、インターナショナルチョコレートアワードの東ヨーロッパ部門で数々の賞を受賞。2014年にはリトアニアの首都ヴィリニュスに路面店をオープン。

マヤ・レッド

チョコレートナイーブご紹介するのは、カカオが神への捧げものとして重要な役割を果たしていた時代のマヤ文明と、赤い果実を思わせるチョコレートのアロマからMAYAN REDと名付けられた商品。ホンジュラス産のカカオを使用。

シンプルながらオシャレなパッケージデザインも一新され、コンチング時間や、ローストの強さの表記が消えていました。パッケージにマニアックな記載しても喜ぶのは自分も含めて一部の変態くらいですからね。その分、パッケージがよりシンプルにすっきりされたように思えました。

チョコレートナイーブ変化があったのは、パッケージだけではありません。
モールド(型)もです。

チョコレートナイーブナイーブのシンボルマークとも言える一輪車の絵。
昔のデザインよりもさらに浮かび上がっています。

チョコレートナイーブクリーミーな味わいが特徴で、酸味も包み込みマイルドな印象へ。融点が低くこの時期は手で触れただけで溶けやすい。しっとりと溶けて緩やかなに風味が広がります。

確かに一言で表現するのであれば、レッドベリーなのですが、言葉で言い表せないアロマの複雑さ。パワーのある香りも、細まかな香りを辿ろうとするとかなり集中力を使う。最後に余韻となって残るのは、チーズのようなコクとスッキリとしたココア感。久しぶりに楽しませてくれるチョコレートと出会いました。

皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名Chocolate Naive/チョコレート ナイーブ
公式ページ http://chocolatenaive.jp
商品名 マヤ・レッド
価格 1296円(税込)
内容量55g
購入先 LT shop




チョコレートナイーブ

ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。