ロッテ「霧の浮舟 ふんわり泡立て抹茶」

霧の浮舟こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

ロッテの霧の浮舟シリーズから新フレーバーのご紹介です。

「霧の浮舟 ふんわり泡立て抹茶」

霧の浮舟の魅力は独特な食感です。
ひとくち食べればふわっと消える、不思議な口どけのチョコレート。商品名の”ふんわり泡立て抹茶”とはエアインチョコを使用したことによる食感のことを指しています。

霧の浮舟霧の浮舟は、1980年に発売がスタートされ25年間ロングセラーを続けた元祖エアインチョコレート。しかし、なぜか2005年に生産終了。復刻を願う声が多かったため、2009年4月29日(昭和の日)に合わせて期間限定で復刻!その後、2013年2月5日に新フレーバー ふんわり苺 が加わり完全復活しました!

また数年で生産終了になるかもと心配しました。しかし、ホワイトキャラメル味、今回のふんわり仕立て抹茶が続々と新発売されたので、その心配は要らないでしょう。

ターゲットは、昭和を懐かしむ30代から40代の男女を想定しているため、パッケージデザインが当時のレトロ感漂う雰囲気のまま仕上っています。

DSC03516抹茶の色は薄め。

霧の浮舟断面にプクプク気泡が見られます。

しっとりと優しい食感。エアインチョコの軽さを数秒楽しんだ後、スッと消えるスムーズな口どけに切り替わります。この独特な食感にハマった霧の浮舟ファンも多いはず。

まろやかなホワイトチョコレートに抹茶の苦みと渋みが重なります。エアイン食感に相応しい優しい味わいがシリーズに共通しています。

これは次に出るフレーバーも楽しみです。皆さん良きチョコレートライフを〜

商品名 霧の浮舟
メーカー ロッテ
価格127円(税込)
内容量 42g
カロリー257kcal(カロリー)
購入先 ローソン




霧の浮舟

ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。