不二家「LOOK(ルック)・カレ カカオ70 デリシャスカカオブレンド/ドライフルーツ」

ルック・カレこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回は不二家の
「ルック・カレ カカオ70 デリシャスカカオブレンド」
「ルック・カレ ドライフルーツ」
をご紹介します。

カレショコラ人気ですねぇ。歴史が長い森永製菓のカレ・ド・ショコラを始め、大手菓子メーカーが輩出するカレショコラの商品が近年増えてきています。そして、不二家で初となるカレ(キャレ)ショコラの商品で、まさかルックブランドの名前が使われるとは意外でした。ルックといえば、センターにホイップクリームを詰め込んでチョコレートでコーティングしたものを思い浮かべますよね?

ルック・カレさて、登場したのは、カカオを活かしたビタータイプと、ホワイトチョコレートにドライフルーツを練り込んだ素材を活かしたタイプの2種類。両方ともビターとホワイトで真逆なカテゴリーですが、”体で感じるおいしさ”が共通のテーマ。

ルック・カレカカオ70デリシャスカカオブレンドの方はカカオの特有成分であるポリフェノールを1箱で1128mg摂取できます。これは、一日の理想的なポリフェノール摂取量1500mgに近い数値。ポリフェノールに動脈硬化の予防や、ガン予防、抗酸化作用など様々な健康的な効果が期待されていることはご存知な方が多いはず。

それに対してドライフルーツの方は、クランベリーとオレンジピールを練り込んだホワイトチョコレート。素材の美味しさを体感しながら食物繊維を摂取できます。

ルックカレ3.2cm×3.2cmの大きさで、厚さが4mm。中央にはLOOK、、、ではなく不二家の「F」の文字が刻まれています。おいおい、完全にルックの面影なしですね。ただ、「L」よりも「F」の方がなんとなくオシャレな気がしなくもない。

ルック・カレ カカオ70 デリシャスカカオブレンド

ルック・カレ油分が多い印象を受けるスムーズな舌触り。原材料表記を見るとカカオバターの他に植物性油脂も含むようです。食べ終わった後に若干粉っぽさが残るのはココアパウダーの影響でしょうか。口に含んだ数秒感は甘みをしっかりと感じて、舌で溶かしていくとジワジワ苦みが広がってゆきます。ハイカカオに食べ慣れていない方にオススメできる食べやすさです。

ルック・カレ ドライフルーツ

ルック・カレ他と違った個性を求めるのであれば、ドライフルーツの方をオススメします。なぜなら、隠し味はチェダーチーズのパウダー。ホワイトチョコからチーズの風味が漂うなんて斬新だと思いませんか?チーズのコクとホワイトチョコや、ドライフルーツの甘みがマッチしています。ドライフルーツの甘みを活かした分、ホワイトチョコレート自体の甘みも抑えめです。

今までのLOOKチョコレートと全く異なる新しいカテゴリーを皆さんも是非!良きチョコレートライフを〜

商品名 ルック・カレ カカオ70 デリシャスカカオブレンド/ドライフルーツ
メーカー 不二家
価格286円(税込)
内容量 カカオ70 57g/ドライフルーツ 56g
カロリーカカオ70 342kcal/ドライフルーツ 309kcal
購入先 ローソン




ルック・カレ

ショコラ ドゥ シマ

チョコレートくんが代表を務めるショコラブランドです。
選りすぐりのチョコレートを使用し、プレミアムシェフプロジェクトの協力のもと素材の持ち味を生かした究極の商品作りを目指します。