カカオハンター「リオ・デ・オロ73%/ペルラ・ネグラ74%」





こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

コロンビアでカカオに情熱を注ぐ小方真弓さんが手がけるチョコレートブランド
「CACAO HUNTERS/カカオハンター」

新作2枚をご紹介します。

以前テイスティングしたカカオハンターのシエラネバダや、トゥマコには乳化剤が入っていたのですが、今回のものには入っていません。原材料はカカオマス、砂糖、ココアバターのシンプルな構成。

リオ・デ・オロ73%

コロンビア東部・野生のワニやピンクイルカが生息する川の流域で育つカカオ2種をブレンド。

おおまかに全体を構成するのはオレンジの風味。フルーツを食べているかのような、苦みをほとんど感じさせないカカオのスペック。
序盤ではネーブルオレンジのような甘さを追いかけるように酸味が現れ、そこから白い花の香りや、トロピカルフルーツの華やかな香り。しっとりとスムーズな口どけと、ほのかにざらつきがあり粉っぽさが残るテクスチャー。

中盤では華やかさを残しつつ、マイルドな味わいにに変化します。ほんのりとローストの香りが開き、終盤では焦がしキャラメルのようなコク、ヘーゼルナッツの香りが余韻となります。

綺麗です。なんという優美なカカオ。

ペルラ・ネグラ74%

コロンビア南部、トゥマコ・ミラ川下流域に古くから生息するカカオを中心に使用した1枚。

序盤では、黒糖のような香り。生クリームに包まれたかのようなマイルドな味わいから苦みと、渋みをしっかりと感じる力強さのあるボディ。

中盤は、桃や柿を彷彿させる瑞々しく甘みに偏ったカカオの香り。スーッとなめらかな絹のような美しい口どけ。終盤はアールグレイを飲んだ後のようなほっとした余韻。序盤は一見すると地味なのですが、アフターに移行するに従ってアロマが複雑で力強くなり、第一印象だけで判断ができないタイプ。

2枚とも素晴らしいカカオでした。皆さん良きチョコレートライフを〜




ブランド名cacao HUNTERS/カカオハンター
公式ページhttps://www.facebook.com/CAFECACAO.CO
商品名リオ・デ・オロ73%

ペルラ・ネグラ74%

内容量28g
価格1188円
購入先阪急うめだバレンタインチョコレート博覧会2017







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。