ラ ショコラトリ ナナイロ「Spring Collection 2017」





こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

出雲のクラフトチョコレートブランド
「La chocolaterie NANAIRO/ラ ショコラトリ ナナイロ」

新作コレクション”Spring Collection 2017″として「Germination-発芽・成長」をコンセプトとし、Batch No.14〜17まで4枚のチョコレートバーが新登場しました。タンザニア産のカカオ豆を使用した新たな挑戦と、新たなフレーバーとの出会いによって、春のみなぎる活力をチョコレートで表現されたコレクション。前回のWinter Collection 2016、ペルー・ラマス産の豆を使用した4種との違いが楽しみです。

BATCH No.14 Dark Chocolate Tablet 70%

豆の産地:タンザニア
カカオ分:70%

メープルシロップのような甘さや、バナナを彷彿させる甘さによった香り。生クリームのようなマイルドな味わい。そして何より印象的なのがカカオから感じる発酵のような印象。例えるなら、ロゼワインのような芳醇な香りや、貴腐ワインを熟成させたかのような苦みです。後味がスッキリとしてます。

BATCH No.15 Dark Chocolate Tablet 65%

豆の産地:タンザニア産
カカオ分:65%

14番とは製造月も同じですが、全く異なる風味の違いで楽しませてくれます。

焼き芋のようなほっくりとした甘さから入り、デーツやフィグを噛んだ時の甘酸っぱさ。そこから再びまったりとした甘さへ上がってくるのが15番の特徴です。終盤では紅茶の葉やハーブを思わせる香りの余韻。

BATCH No.16 Dark Chocolate Tablet 71%

豆の産地:タンザニア、コロンビア
カカオ分:71%

こちらの16番だけタンザニア産カカオ豆と、コロンビア産カカオ豆のブレンドです。ナナイロさん曰く、チョコレートの研究を通して一番やりたかったことが「ブレンド」で今回のコレクション一番の挑戦とのことです。

マイルドな印象の中で序盤から終盤まで続く上品な苦みが特徴なチョコレート。チェリモヤの爽やかな酸味。ナッティーな香りや深いコクのバランスが秀逸です。

BATCH No.17 Dark Chocolate Tablet

豆の産地:タンザニア
カカオ分:非公開

甘味料には沖縄県・小浜島の純黒糖を使用。独特な甘みです。
インパクトから新鮮なイカの塩辛のようなユニークな風味。デーツのような優しい酸味や微かにフラワリーな香り。アフターではミント香の爽やかさな印象を感じるチョコレートです。

ナナイロさんのチョコレートは、丁寧な仕事ぶりでクオリティーの高さを感じさせるものばかり。雑味がなくクリアな味わいでフレーバーの変化が非常に分かりやすいです。また、同一産地・品種の同じ豆を季節・気候との違い、製法の違いによる様々なアプローチで味わいの異なるチョコレートを作られることにも注目です。コレクションは、全てのNo.を一緒に購入して食べ比べてみることをオススメします。

皆さん良きチョコレートライフを〜




ブランド名La chocolaterie NANAIRO/ラ ショコラトリ ナナイロ
公式ページ http://www.chocolate-nanairo.com
商品名Batch no.14,15,16,17
価格 25g ¥594~¥704/75g ¥1620~¥1944
内容量25g、75g
購入先 オンラインショップ







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。