ロッテ 紗々 深黄ぐり(さしゃ ふかききぐり)をご紹介します






こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

3種類の綿状のチョコレートが織りなす美しい見た目と、パリッとした繊細な食感が人気の
ロッテの「紗々/さしゃ」が8月29日より販売再開されました。
最近、コンビニの棚でみかけないなと思っていた方も多いでしょう。
紗々のような繊細なチョコレートの販売は夏には不向きですから春夏は販売を休止していたんですよね。

そして、定番の紗々と同時に、秋限定の味も登場!

紗々 深黄ぐり

発売日:8月29日
価格:237円(税込)

ビターチョコレートとホワイトチョコレート、さらに栗のチョコレートを組み合わせ、ほくほくした秋の味覚を再現!

日本伝統色のひとつで、濃い黄色を表す「深黄色(ふかきいろ)」をあしらったパッケージにも好感!
2013年からパッケージのデザイナーに和紙造形専門の堀江エリ子氏を登用し、和の要素を取り入れた大人びた統一感を持たせています。

15枚入ってます。

チョコレートが織りなすメッシュタイプのチョコレートは、ロッテの他に出しているメーカーがいません。
1995年発売からずっと保たれてきた独自性です。

左が表で、右が裏です。
栗のチョコレートと、ビターチョコレートの間にホワイトチョコレートが編み込まれています。
これ、一般的な50gくらいの板チョコで作ったらどうなるのでしょう。
非常に興味があります。
産地別のチョコレートを3種類使って編み込んで欲しいです。
通常の板チョコよりも、カカオの個性が立体的に現れそうな予感がします。
ビーントゥバーのブランド様でどこかやってくれないかなぁ。

ビターチョコレートとホワイトチョコレートが折重なったことによる立体的な甘さ。
ある程度溶け始めてから、ほくほくした栗の風味が全体をまろやかに包み込んでいきます。
後味にまったりさがあるものの、しつこさがないのも好印象です。

やはり、パリパリっと砕ける食感が、紗々ならでは良いですね。
そこで、冷凍庫で凍らせて食べるのがオススメです。
歯ごたえが楽しめますし、まだ暑い季節なのでひんやりするのも魅力的。
本来であればチョコレートを冷凍するのは邪道ですが、紗々の場合だと口の中ですぐに溶けて風味が広がります。
是非、お試しください。




商品名紗々深黄ぐり
メーカー ロッテ
価格237円(税込)
内容量 69g
カロリー375kcal(カロリー)
購入先 セブンイレブン







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。