明治「きのこの山和栗モンブラン/たけのこの里紫芋のスイートポテト」






こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

明治のきのこの山、たけのこの里の新発売
「きのこの山 和栗のモンブラン」
「たけのこの里 紫芋のスイートポテト」

発売日:8月29日
価格:216円

栗とさつまいもは、秋の定番フレーバー。
新味が登場するとき、きのこだけのときもあれば、たけのこだけのときもあります。
ただ、今回のような旬のフレーバーがテーマの場合は、同時に新作が登場する確率が高いです。

毎度のことながら、内側の包装には、きのこの山の世界、たけのこの里の世界がプリント。
外側のパッケージと同様に、それぞれのフレーバーの色です。

目立ちますね。特にたけのこ。
既にハロウィンを意識しているのでしょうか。
いや、直前でかぼちゃ味を出すだろう(たぶん)

きのこの山和栗モンブラン

クラッカーはサクサクしながらふんわりと優しい甘さ漂わせます。

きのこの傘は、カカオマスが入っていないホワイトチョコレートベースなので、ダイレクトにほくほくした和栗の風味が広がります。
もちろん、ミルクチョコレートに和栗のフレーバーを入れたタイプもそれはそれで好きですよ。
カカオと栗の相性が良いですから。

クラッカーの味から入り、次に溶け出してチョコレートの味が広がり、最後は溶け合ってお互いの魅力が合わさるのがきのこの山の魅力。和栗のチョコレートと、クラッカーが混ざり合うことで、まさに「和栗のモンブラン」です。
二つ合わさって目的の味として完成するという意味で、たけのこの里も同様!

たけのこの里紫芋のスイートポテト

紫芋、すごい色のたけのこです。
仮にきのことたけのこのフレーバーが、逆だったらと想像してみました。
それはそれで面白いかも。
なぜなら、きのこが紫で「毒きのこ」になりますから 笑
そのときは、普段たけのこ派の僕も、全力できのこを支持します。

一口でぱくっといただいてみると、想像以上に紫芋の味がしっかりと現れています。
甘さがありながらも、フレーバーの甘さがしつこく後残りしないのが嬉しい。
これが、さつまいも(紅芋)のフレーバーでチョコレート菓子を作るよりも、紫芋の方が大人の味に感じられる理由でしょうか。
考えてみると、パティスリーのモンブランでも、紫芋を使ったタイプは紅芋よりも糖度が低い分、さっぱりと軽いものが多いような気がします。

ここでもクッキーが芳ばしい風味を放って良い仕事をしてくれます。
紫芋のチョコレートに、クッキーの芳ばしさが合わさることで、表面に軽く焦げ目が付くまで焼き上げたスイートポテトが浮かびました。

お近くのコンビニで見かけたらお試しください。




商品名きのこの山和栗モンブラン/たけのこの里紫芋のスイートポテト
メーカー 明治
価格216円(税込)
内容量 きのこ66g/たけのこ63g
カロリーきのこ377kcal/たけのこ350kcal
購入先 セブンイレブン限定







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。