森永製菓「チョコボールグランデ クラシックショコラ/ほうじ茶ラテ」



こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

森永製菓チョコボールグランデから新作が2つ登場しました。
「チョコボールグランデ クラシックショコラ/ほうじ茶ラテ」をご紹介します。

発売日:8月29日
価格:216円

おなじみの可愛い感じはなく、キョロちゃんいない!?
どこいった!?
となってパッケージを見渡したところ黒塗りにされた状態で横にいました。

グランデの素材には、厳選されたものを使用!がウリです。
例えば、ナッツならいつものピーナッツではなく、ヘーゼルナッツを使ってみたりチャレンジされています。
価格が高価な分、過去のチョコボールにはなかった自由な発想が可能となりました。


定番のチョコボールは、中央にピーナッツやキャラメルの層を丸ごとチョコレートを絡めています。
それに対して、グランデはチョコレートにパフや、砕いたナッツ混ぜん込んだりしてリズミカルな仕上がりにしています。
よって、食感も全く違います。

最後に、大きさも違います。
なんと、従来のチョコボールの3倍もあるとのこと。
持った感じはもっとありそうな気もしますが、、、
食べ応えも期待出来そう!

以上、チョコボールグランデのこだわりには、「素材」「食感」「大きさ」の3点があります。

クラシックショコラ

マットなツヤ感のチョコレートの表面。

齧った瞬間のインパクトからチョコレートに爽やかな感じがします。
オレンジ香です!
パッケージの味の説明には、どこにもオレンジの表記がありませんが「オレンジ果汁パウダー」の原材料表記を発見。
しかし、なぜかオレンジをあまり押し出していないよう。
オレンジ風味チョコレートが味の主役と言っても過言ではありません。

食感は、さげりないカシューナッツの柔らかさに、ココアビスケットも加えることで全体的にほろほろ崩れていきます。

味わってゆくと、オレンジ香を纏わせたチョコレートの甘さの奥底に微かに苦みもあって、複雑な味わいです。

ほうじ茶ラテ

ほうじ茶パウダーの中に一番摘み茶葉を80%使用。

パフとビスケットクランチを全体に合わせることで、序盤から終盤までサクサク感が続きます。

スッキリめなミルクの味わいが先行して、ほうじ茶の風味は薄めです。
もっとほうじ茶感を出しても良さそうでしたが、これはこれで美味しい。

いつものチョコボールとは違う、新しい味わいをお試しください。




商品名 チョコボールグランデ クラシックショコラ/ほうじ茶ラテ
メーカー 森永製菓
価格216円(税込)
内容量 46g
カロリークラシックショコラ248kcal/ほうじ茶250kcal
購入先 セブンイレブン

関連記事