森永BAKE(ベイク)が進化!?香ばしくなめらかになりました。





こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

2017年9月12日より森永製菓の焼きチョコ
「BAKE ベイク」がリニューアルしました。

食感をなめらかにしただけでなく、味も香ばしく大幅に変えています。
以前のBAKEにも一定数のファンが付いてきてるということで、チャレンジャーな試みだと思います。
もっと美味しくなったんだという森永さんの自信の現れなのでしょうか。

実際に、森永さんに確認を取ってみました。
さらに美味しくする上で、まず「BAKEらしさとはなんだろう?」という問いに対する答え。
社内で焼きチョコらしい「香ばしさ」という意見でまとまり、早速商品に取り入れたとのことです。
また、焼きチョコにチョコレート感をもっと出そう!ということでなめらかな口どけに改良されました。

比較してみましょう

ぱっと目に入るキャッチコピー違いが印象的。
旧ベイクが「パリッとショコラ」「ふわっととろける」で、
新ベイクは「香ばしくなめらか」。

旧ベイクの焼きチョコ部分がビターチョコレートなのに対して、新ベイクはミルクチョコレートベース。

さらに、新ベイクのトレーにも注目です。
よ〜く見ると切り込み線が入ってます。
6個のブロックと、4個のブロックで切り取れてコンパクトにできます。

おおお、新ベイクの断面が見た目からもハッキリ分かるなめらかさ。

早速、いただいてみます。
口に入れた瞬間、コーヒーに通ずる香ばしい香りがふわっと鼻腔を抜けます。
その香ばしさは、ヘーゼルナッツペーストを入れて焼き上げたことで実現しました。
外側は香ばしいのに、中はまったりしたミルクチョコレートです。

食感も圧倒的に違います。
外がサクサクッとするものの、旧ベイクのようなパキッとしたものではありません。
中はなめらかで、とろけるように混じり合っていきます。

正直変わりすぎで驚きました。

確かに新ベイクの味は、荒々しさが抜けて旧ベイクよりも上品な仕上がりです。
進化を実感された方が多いのではないでしょうか。
美味しくなったことは嬉しいですが、以前のベイクもあれはあれで自分としては好きなので、なくなるのはちょっと寂しい気がします。




商品名BAKE(ベイク)
メーカー 森永製菓
価格  138 円(税込)
内容量 40g
カロリー 220kcal
購入先 セブンイレブン







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。