ジャンドゥーヤ菓子専門店「GIANDINO(ジャンディーノ)」ナッティーショコラクッキー






こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

みなさん、ジャンドゥーヤは好きですか?
ナッツのペーストとチョコレートを合わせたイタリア・トリノ生まれの伝統菓子。
あの粘度を感じる舌触りと、甘いミルクチョコレートと香り豊かなナッツが同時にやってくる感じが私も好き。

ヴィタメールなどのチョコレートブランドや、洋菓子ブランドを抱えるエーデルワイスが東京土産に着目し、ジャンドゥーヤ菓子専門店「GIANDINO(ジャンディーノ)」をスタートしました。

  • 羽田空港国内線 第2旅客ターミナル2F 東京食賓館 時計台1番前 :2017年10月1日〜2018年1月9日まで
  • JR東京駅 京葉ストリート イベントショップ :2017年10月11日~10月24日まで(終了)

そして、11月1日にソラマチにポップアップストアが登場!
私も早速行ってきました。

商品はジャンドゥーヤを使ったクッキーと、ブラウニーの2種類のみ。

2種類の商品のどちらかをブログのネタにしようと、その選択権を試食販売していたお姉さんに委ね、

ナッティーショコラクッキー

ナッティーショコラクッキーに決定しました。

パッケージはイタリアらしいレッドと、斜めのストライプを採用。

お土産なので、商品は全て箱ウリです。

1袋の大きさはロッテのチョコパイの袋よりも一回り大きい。


が、しかし、出てきたのは直径4cmくらいのクッキーです。

面白い形だと思いませんか?
鏡餅、帽子、ん〜他に例えがないかなぁ。

外側のミルクチョコレートが溶けやすいので、手を汚さないためにはちょっとコツが必要です。
人差し指でトップのヘーゼルナッツ、底のクッキー部分を親指で挟み込むように食べましょう。
女性でもひとくちでもいけますし、ボンボンショコラをいただくときのように断面を確認しながら、2回に分けるのもアリ。

粗い仕上がりのクッキー。
ザクザクしながら、ほろほろ崩れていきます。

中に忍ばせたとろけるジャンドゥーヤクリーム。
ミルクチョコレートと混ざり合って、深煎りブラックコーヒーと合いそうな濃厚なあま〜い味わいを広げていきます。

ジャンドゥーヤのスプレッドをクッキーに塗る食べ方。
それを一つの商品として完結しています。

軽い仕上がりで食べやすかったです。
ジャンドゥーヤのヘーゼルナッツの風味が弱いので、そこがもっと改善されれば良し。




ブランド名GIANDINO(ジャンディーノ)
公式ページ https://www.edelweiss.co.jp
商品名 ナッティーショコラクッキー
価格 810円(税込)
内容量4個入
購入先 ソラマチ







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。