CACAOTOME(カカオトメ)女性の美と健康を応援するチョコレート





こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。
催事で可愛らしいチョコレートを見つけたのでご紹介します。
東京土産だそうです。

「カカオトメ」

6種類のラインナップには、全て女性の美と健康を応援するために、”有機ココナッツシュガー”使用されてます。
ココナッツシュガーは豊富な栄養素に加え、低GIなため、体内吸収がゆっくりで身体に優しい甘味料です。
ついつい、ダイエット中に我慢しながらチョコレートを食べてしまい、罪悪感を感じてしまう方の味方になるのではないでしょうか。

また、味の面では、きび糖にも似たコク、甘さ、キャラメルのような香りがあり、カカオとの相性の良さがチョコレート業界で今注目されています。

マカダミア ミルクチョコ

ココアパウダーのシャープな苦みに、ミルクのまったりした甘さ。
カリッとローストされたマカダミア。
ココナッツシュガーの特徴がよ〜く出ていて良いですね。
後味に自然な甘みが包み込みます。

レーズン ホワイトチョコ

こちら、ブロンドチョコレートではないですよ。
ホワイトチョコレートから、ココナッツシュガー茶色が浮き出ています。

この味「黒糖のレーズンパン」に似ています。
ココナッツシュガーとレーズンの甘み同士が新しい発見をくれました。

カシューナッツ ホワイトチョコ

カシューナッツは、他のナッツと比較して渋みが少なく、まろやか。
ココナッツシュガーの風味を纏ったホワイトチョコレートとよく馴染んでやみつきになります。
これが個人的に一番好みです。

やみつきにさせるチョコレートが最強だと思うのです。

アーモンド カカオ72%ダークチョコ

口の中に重厚な苦みが広がっていきます。
そして、カリッと芳ばしいアーモンド。
やはりアーモンドチョコはビターが美味しいと再確認できました。
後味にココナッツシュガーが現れて、キレがある苦みと口の中で共存し合います。

ココナッツ カカオ72%ダークチョコ

ツヤが全くない、マットなチョコチャンクです。

ストレートに伝わるカカオの苦みから、焼きココナッツのほんのり芳ばしい風味に、凝縮された甘みが馴染んでいきます。
サクサク&シャキシャキした食感も愉快です。

クランベリー ホワイトチョコ


ココナッツシュガーの独特な風味がダイナミックに感じられます。

クランベリーのフルーティーな甘さ。
酸味が効いていて華やかです。

全体的に甘さがしっかりしているのに、後味がスッキリ。

東京駅の催事スペースにいたカカオトメのそれぞれのラインナップに割り振られたキャラクター達。
今後、この子達のご機嫌次第で新しい商品が登場するかも!

【カカオトメ 催事情報】

公式ぺージ:http://www.cacaotome.com

  • 2017年11月6日(月)〜14日(火) 東京駅 動輪の広場前(JR東京駅丸の内地下南口出てすぐ)
  • 2017年11月9(木)〜15日(水) 東武百貨店 池袋店 ハナサンテラス







Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。