スウェーデンのビーントゥバー「スヴェンスカ・カカオブラゲ」

スウェーデンの
「Svenska Kakaobolaget/スヴェンスカ・カカオブラゲ」

南部のスコーネ地方 エステルレーンに工房を構え、
チョコレートマニアのウリカとフレドリックによって、準備期間を経て2015年に本格的にスタートしたビーントゥバーブランドです。

スウェーデンといえばミルクチョコレートが主流(めっちゃ甘い)なので、ダークチョコレート、しかもビーントゥバーのブランドが存在するのは意外でした。

スリランカ 70%

今回ご紹介する「スリランカ70%」は、スリランカの農園に直接足を運び契約したカカオ豆を使用。

まず、このチョコレートと出会ったとき、パッケージで「おや?」となりました。
三角形を敷きつめたアートなデザインもですが、どちらかというと手で触れた質感の方です。

マストブラザーズ!?

ヨーロッパでありながら、アメリカのクラフトチョコレートの影響を受けているじゃありませんか。
裏面の原材料表記を確認すると、案の定「追油」がありません。

重量は70g。

香りを嗅ぎます。
“きゅっと締まったカカオの香り”。
余韻が続くタイプではなく、前面インパクト型だと想像しながらいただきます。

刹那に感じる土壌やキノコの香りにデーツの酸を、後から追いかけるフルーティーさがかき消します。
レーズンの凝縮された甘み、レモングラスのきりっと爽やかな香り。

舌に触れた瞬間はマットな印象。
軽やかな食感で弾けると、サラサラ溶けてゆきます。

後半にいくにつれ、スパイシーな味わいに、黒鉛や大鋸屑のような香りを引き連れて広がる苦み。
緑のベジタブルな香り。カカオ豆がスリランカなだけに偶然なのか、セイロンティーのような香りが続きます。




ブランド名Svenska Kakaobolaget(スヴェンスカ・カカオブラゲ)
公式ページ http://www.kakaobolaget.se/japan/
商品名 スリランカ 70%
内容量70g




チョコレートイベント