ネスレ1927








こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

キットカットで有名なネスレ。
チョコレートシーズンが近づくと、様々なシリーズが日本国内で購入できるようになります。
ピスタチオが乗った「ダマック」や、ナッツやドライフルーツを贅沢に練りこんだ「ネスレ ラトリエ」。

そして、今回ご紹介する板チョコ「1927」その1つ。

レトロなパッケージに大きく記載されている「1927」の数字。
それは、ネスレのトルコ イスタンブール フェリキョイ地区に初の工場が設立された年を意味しています。

チョコレートの型にはネスレのロゴが刻まれています。

カカオ分73%をいただきました。
口に含むと、まず甘みと苦味の心地よいバランスを感じました。
セミハードな食感からなめらかに溶けてゆく口どけ。
最後はビーナッツバターを思わせるコクを感じ、スッキリとしたカカオの余韻がきます。

カカオ分別に「60%」「73%」「82%」の3つのラインナップがあるので、そこはお好みで選ばれると良いでしょう。




商品名 1927
メーカー ネスレ
価格 270円(税込)
内容量 70g
購入先 ネスレオンラインショップ